交際4か月で結婚した夫婦の子育てと暮らし

新丸子の喫茶店で知り合って交際4カ月で結婚した夫婦の記録

今年3回目(?)の臨時休園。息子たちと花や電車を見て過ごしてみました。

数あるブログの中から私、そのべゆういち(@papayuyu0309)のブログをお読みくださりありがとうございます。

 

昨日から長男が通う保育園が再開しました。

 

今年に入ってから3回、いや4回目かの臨時休園…。世の中の状況から考えて仕方がないことだとわかってはいるけど、保育園から突然やってくる「臨時休園のお知らせ」と題したメールを目にすると身構えてしまいます。びしっ!!

 

同時に「これから育児と仕事をどうするか」と向こう数日の予定を脳内で高速シミュレーションしてしまう。仕事にどうしよー!

 

余談ですが1月の臨時休園は約10日間ほど(1ヶ月の3分の1って長い!)に及びましたが、その後は3日ほどの休園で済むようになりました。10日よりはずっとましですね。

 

お迎え時によく話すママさんがいるのですが、その方も「保育園からお知らせメールが来るとビクッとします」と苦笑いしていました。

 

そのママさん以外の方も同じような発言をされていて、父兄同士に謎の連帯感があります(笑)

 

さてさて、臨時休園中は妻と協力をして育児と仕事をするわけですが、まあですね、元気いっぱいの4歳と1歳男子が3LDKの室内でおとなしくできるわけがありません。そりゃそうだ!

 

長男は朝は5時過ぎから起きて、寝ている僕の顔を覗き込みながら「パパ、ほいくえんおやすみ」と質問してくる。僕が「おやすみだよ」と答えると、「やったー!!!」と寝室で飛び跳ねながら喜んで、リビングでプラレールで遊び始めるわけですよ。

 

長男につられて次男も起きてしまい、僕は朝から眠気まなこで子ども二人の遊び相手をし、朝ごはんを用意して一緒に食べ、仕事の段取りまでするという、文字にしたらあっさりだけど実際にやるのはハードな状況の毎日を送りました。

 

ちょっと目を離した隙に次男が味噌汁をこぼすしさ…。もう泣けてくる!

 

どんなに頑張っても元気な子どもが室内にいる状態で仕事に集中するのは至難の業でして、執筆や企画出しは寝かしつけの後にすると割り切り、日中は子どもたちと遊ぶ時間を多めに取らことにしたんですよ。

 

息子たちと公園に行ったり、ファーストフード店でポテトを食べたり、長男が大好きな電車を見るために線路沿いの道まで遠征したりと、通常は土日や祝日にしかできないことを平日の昼間からやってみました!

 

家族で近所を散歩して、河津桜を見たり、

 

f:id:efufunet:20220315022529j:image

 

かなり久々にマクドナルドのポテトMサイズを食べたり、

f:id:efufunet:20220315022808j:image

 

長男が好きな相模線を見に行ったり、

 

f:id:efufunet:20220315022924j:image

 

こんな感じで、臨時休園の日中を楽しみました。

 

仕事どうしよー!!と悩んだし、子どもたちが寝た後に夜な夜な執筆したりと大変ではあったものの、感染症の流行は僕の意思では食い止められないし、いまの状況ではいつだれが陽性者になるかわからない。明日また臨時休園してもおかしくないんだよね。

 

だったら、できる限り前向きに休園期間を過ごそうと思うんだ。

 

いつもなら保育園に預けている時間に子どもたちと過ごすのは新鮮だった!

 

と、えらくポジティブに綴ったのですが、昨日保育園が再開して長男を預けた後の安堵感はすごかったです!

 

このような中でも子どもの保育をしてくださる保育士さんには感謝の気持ちでいっぱいです。

 

お読みくださり、ありがとうございました。

 

薗部雄一

charoma0701@gmail.com

 

noteで子育てや夫婦観、家族について思うことを書いています。

 

note.mu

 

会員制メディア「medy」でニュースレターを配信しています。

メールアドレスをご登録いただくと、会員だけが読める記事も閲覧できます。

yuichisonobe.medy.jp

 

 

記事のアイキャッチに使える写真を販売しているよ♪ 

 

snapmart.jp

 

インスタグラムはこちら→

 

読者登録はこちらからお願いします^ ^