交際4か月で結婚した夫婦の子育てと暮らし

新丸子の喫茶店で知り合って交際4カ月で結婚した夫婦の記録

「僕は毎日、何か新しいことをしている」Something New日記を書いてよかったこと

数あるブログの中から私、そのべゆういち(@papayuyu0309)のブログをお読みくださりありがとうございます。

僕には毎日続けていることがあります。それが、「Something New日記」です。日本語にすると、「新しい何かを書く日記」ですね!

その名の通りで、Something New日記には毎日の中で「ちょっとしたことでも人生で初めてやってみたこと」や「昨日とは違ったこと」などを書いています。

日記と言ってもしっかりとした文章になってるわけではなく、

「近所にできた惣菜屋に行ってみた」
「スーパーでコーヒーが3割引だったので、この機に初めてこんなコーヒーを買ってみた」
「ベビーカーを嫌がってぐずる次男を穏やかになだめられた」


など、箇条書きで簡単に綴っています。メモみたいな感じです。

子どもたちを寝かしつけた後、iPhoneのメモ帳に今日の初めての体験やここ数日と違ったことなどを書いていましたが、最近はNotionというアプリに綴っています。Notionを使えばスマホだけでなく、パソコンでも日記を読めるので、僕がどんなことを体験し、どんなことを感じたのかをいろんなデバイスで確認できるからです。個人的に好きなアプリです^ ^

 

www.notion.so

僕がSomething New日記を始めたきっかけは、今年7月に新型コロナで一家全滅したことでした。長男→僕→次男→妻と感染のバトンが引き継がれていき、約20日にわたり家族全員が3LDKの家に閉じこもって生活をしました(長かった…)

 

efufunet.hatenablog.com

自宅療法の暮らしでは、周りから隔絶されて孤独感を抱きました。仕事では予想もしない足止めを食らい遅れをとっていましたし、何よりも外に一歩も出られない生活は外出好きな僕には苦痛でしかなかったです。毎日体を休めて、子どもたちと遊んで、食事を与えて、寝かしつけて、その後にできる範囲で仕事をするといった生活は僕にとって何の変わり映えもしないように思えました。

僕はまったく気分が晴れなかったのですが、ネガティブな感情を抱えて生活するのもなかなかに疲れるものです。一見すると毎日同じような暮らしをしているように見えますと、毎日僕が取る行動をもっと細かく見ると、昨日と全く同じではないことに気がつきました。そもそも、今日という日を迎えたことがすでに昨日と違いますもん。「今日のSomething Newその1:2022年9月27日を生きていること」と日記に書ける。

よくよく考えると、そんなの当たり前なのですけどね。でも気分がどんよりしすぎると、頭が新しい情報をキャッチしないというか、不思議とマイナスなことばかりイメージしてしまう。本当は旅行に行くとか、会ったことがない人に会うとかすると刺激を得られるのでしょうけど、自宅療養中では厳しい。いますぐに自分ができることは何だろう?と思ったときに「やってみよう」と感じたのが、Something New日記でした。

日記には、おおそれたことを書く必要なんて全くありません。スーパーの割引をきっかけに新しい商品にチャレンジしたとか、いつもと違う道を通ったとか、そんなことでじゅうぶん!大切なのは、一見すると変わり映えのないように思える日常から新しいことを探すことです。

学生時代のレポート、仕事の企画書、保育園の連絡帳でもそうですが、何かを書くには、材料を探さないといけません。書くと決めたときから、頭が書く素材集めを始めるわけです。つまり、「今日やった新しいことを書こう」と思うと、意識が自然と「今日やった新しいこと」にフォーカスするようになります。僕にとっては、これがSomething New日記を書く最大のメリットです。

僕は毎日、昨日とは違う何かをしているし、何かを学んでいます。でも「毎日退屈だよ」と思っていると、そのことに気がつかない。Something New日記を書くことで、自分は毎日何かを学んでいる、何か楽しいことをしていることが意識できて、楽しい気持ちになっています。

お読みくださり、ありがとうございました。

薗部雄一

charoma0701@gmail.com

 

noteで子育てや夫婦観、家族について思うことを書いています。

 

note.mu

 

記事のアイキャッチに使える写真を販売しているよ♪ 

 

snapmart.jp

 

インスタグラムはこちら→

読者登録はこちらからお願いします^ ^

  

来年度も、兄弟別園を続けることを決めた

数あるブログの中から私、そのべゆういち(@papayuyu0309)のブログをお読みくださりありがとうございます。

我が家は兄弟別園のため、毎日2つの保育園に子どもたちの送り迎えをしています。

ひとりでも大変なのに、ふたりの送迎、さらに保育園は2ヶ所…。

普通に考えれば子どもたちは同じ保育園の方がいいのですが、別々になったのには理由があります。


下の子は1歳児クラスで保活をしたので、上の子が通う保育園に枠がなかったのです。

 

保育園のシステムをよく知らない方のために簡単に説明しますと、保育園は0歳児クラス〜5歳児クラスまでがあり、0→5に向かってエレベーター式に持ち上がっていきます。つまり、0が最も入りやすく、途中で入るのは難易度が上がるのです。

 

下の子は1歳児クラスからの保活だったため、ダメだったわけです。昨年保活をして利用申請を出し、今年はじめに通知を受け取ったら別園のお知らせ。

 

保育園が決まったのは嬉しかった一方で、4月から別々かどうしようって悩んだ。

 

保育園が違えば、雰囲気もやシステムが異なるし、またイチから先生方との関係を築かないといけません。

実際ね、持ち物の種類が全然違うし、プリントも2倍だし、保育参観やプールのタイミングも異なって頭が混乱しましたよ^^;

 

入園説明会があって、そこで揃えるべきものを大量に知らされた時には頭がフリーズしたよ。辛い。

 

 

しかし文句を言っても仕方なし。保育園が決まっただけ運がいい。

兄弟別園でも気合で乗り切ろう、1年通って、翌年4月には上の子と同じ保育園に転園させよう。

そう思っていました。

いまは保活シーズン。

上の子の保育園に希望を出すつもりだったのだけど、僕は来年も兄弟別園のままでいるつもりです。

下の子の保育園では先生たちにめちゃめちゃよくしてもらえるし、なんだか保育園の雰囲気が僕は好きだし、なによりも下の子本人が毎日楽しそうにしていることが大きいです。

預けるときは保育フロアにニコニコして飛び込んでいくし、お迎え時にドア越しに眺めると、1歳なりに周りとコミュニケーションをとっている。

別園と言っても、互いの保育園の方向が真逆ってわけじゃない。上の子は来年が年長なので、別園生活はあと1年でおわりだしね。

それぞれの保育園で先生たちとコミュニケーションを取れるのは楽しいし、上の子とは違った保育のやり方を目の当たりにするのも面白い!

人間、毎日続けていると慣れるものだね^ ^

今年4月は「別園なんてムリ」と感じていたけど、何ヶ月も2カ所の送り迎えをしていると気持ちにゆとりが生まれてくる。

上の子、下の子それぞれの運動会を見にいくのも、楽しみだな。

 

お読みくださり、ありがとうございました。

薗部雄一

charoma0701@gmail.com

 

noteで子育てや夫婦観、家族について思うことを書いています。

 

note.mu

 

記事のアイキャッチに使える写真を販売しているよ♪ 

 

snapmart.jp

 

インスタグラムはこちら→

読者登録はこちらからお願いします^ ^

  

「僕に気があるな…」そんな勘違いが、妻との関係進展につながった

数あるブログの中から私、そのべゆういち(@papayuyu0309)のブログをお読みくださりありがとうございます。


1年の中で、僕にとって特に大切な日が2日あります。ひとつは、12月14日。もうひとつは、8月7日です。

これら2つの日は、いずれも妻が関わっています。12月14日は、『忠臣蔵』で有名や赤穂浪士47人が吉良邸に討ち入った日!でもあるのですが、この日は妻と僕が入籍をした日です。

婚姻届の提出先は、当時住んでいた川崎市中原区役所でした。婚姻届を出すときには、かつてないくらいのドキドキ感がありました。ただの紙切れ一枚だけど、受理されれば、夫婦だ、夫婦なんだよー!!と興奮してた。

efufunet.hatenablog.com


僕らは入籍日を2015年12月14日と決めていました。

今日は天赦日という暦の中で最も縁がいい日(天が赦すって、縁起がいいですよね!!)と、一粒万倍日という2つのいいことが重なっている日だからです。普段は六曜などの日柄を全く気にしないのに都合のいい時だけ気にするというね(笑)

実はお日柄がいい日が9月末にもありました。妻とは「両親の許可を待たずに籍を入れよう!」と意気込んだことがありますが、さすがにそれはマズイと自制して12月を待ちました。婚姻届を提出し、法的に夫婦と認められる日をずっと待っていたのです。

婚姻届を提出!晴れて夫婦になった - 交際4か月で結婚した夫婦の子育てと暮らし


婚姻届には保証人を書く欄があるのですが、僕らが出会った喫茶店「SHIBACOFFEE」のマスターにお願いしました。マスター、ありがとう!!


そして、もう1日が本日8月7日です。

妻と僕が「花の日だね」と呼ぶ8月7日は、近所の仲良しだった2人が恋人として付き合い始めた日です。2015年なので、7年前のことなんだなぁ。もうそんなに時間が経ったのかと驚きます!!

妻と僕は近所の喫茶店の常連客同士で、互いの家から歩いて5分くらいの場所に住んでいました。あるとき、たまたま店に居合わせたことが僕たちの出会いでした。

それぞれの第一印象は、妻「馴れ馴れしくて友だちになりたくない」、僕「声が大きくて態度がでかいな」と最高どころか、最悪でした。

ロマンチックさのかけらもない出会いでしたが、その後どう説明していいかわからないような偶然が重なって仲良くなり、家を行き来してごはんを食べる関係に発展。2015年8月7日に晴れて恋人になった次第です。

前日8月6日には二子玉川にデートに行き、韓国料理を食べた後に蔦屋家電に行ってキャラメルマキアートを飲んだんだ。2人のお茶代の合計が777円だったことは今でも覚えているよ。

実物のレシート!

もうこの時点では僕は妻のことが好きで、好きで、好きで、夢に出てくるくらいに好きだったのだけど、感情を出せずにいました。

デート帰りに「楽しい時間が終わっちゃったな」とさみしい気持ちになったいたのだけど、思いがけず2人で僕の部屋で夕食も一緒に食べることになって、僕は有頂天ですよ。妻はカレー、僕はトマトごはんをつくったんだよなぁ。

愛用のル・クルーゼでつくりました

僕の部屋でカレーとトマトごはんを食べ、「いま言わなきゃいつ気持ちを伝えるんだよ」といった雰囲気になって、妻に告白して恋人になりました。

(これまで)友達として接してきたけど、友達としてでは嫌だ!!!

僕は妻のことが好きだ!好きだ!好きだ! そして僕は一言。ストレートに。

「好きです。付き合ってください」

僕はこの短い言葉に、妻に対する気持ちのすべてを込めました。 どんな結果でも受け止める。僕はそう思っていました。

「はい」

妻の返事でした。 友達として接してきた僕らが、恋人になった瞬間でした。

8月7日(金)0:45ころのことでした。

妻との出会い(完)〜告白とプロポーズ〜 - 交際4か月で結婚した夫婦の子育てと暮らし


妻から交際OKの返事をもらったときは、嬉しすぎてどうしようもなかったです!

交際翌月に同棲、4ヶ月後に入籍し夫婦となり、2017年6月には長男が誕生。現在では2人の子どもがいて、パパとママになっています。最初は2人だけだったのに、子どもたちが加わって4人家族になった。なんだか、不思議な気持ち。

手を取り合って、生きていく

子どもを育てながら仕事をし、結婚生活を送るのは想像以上に大変ではあります。いまは新型コロナウイルスの流行もあって、保育園が休みになる可能性があるし、仕事のスケジュール変更の連続で気持ちのゆとりがなくなってしまうこともある。それでも、大好きな妻との間にかわいい子どもたちを得たことは、僕にとって幸福そのものですよ^ ^

そう言えば、ちょっと前に妻と付き合い始めのころの話をしたことがあって、衝撃の事実を知りました。

近所の仲良しだったとき、妻は僕にたくさんLINEをくれたし、よく会いたがったのです。妻のそんなアクションに、ただですら妻のことを気になっていた僕は、どんどん盛り上がってきた。

もしかしたら、僕に気があるのかもしれないな…。どうしようかな(根拠なし)

そんなことを考えて、ひとりでにやけていました。

僕にはもともとお気楽なところがあり、勝手に明るい展開を想像するクセがありました。当時妻とは親密に話していたわけではないし、お茶をするくらいの関係だったのに、LINEの頻度が3日に1回から2日に1回になると、「おお!僕のことを考える頻度が上がったんだなぁ。いいね!」なんて思って、部屋で鼻歌を歌いながら家事をしていました。

ある日を境に、僕の中で完全に「この人は僕のことが好きに違いない」との考えが固まり、「僕に気があるよね」フィルター越しに妻を見つめるようになりました。

結果的に交際し、楽しい結婚生活を送っているわけですが、こないだ妻に質問をしたんですね。

僕:あのとき、僕に気があった?

それに対して、妻は、

妻:ううん、全然そんなふうに見ていなかった。


僕:え?????


もうビックリデスヨ。(なぜかカタカナ変換された)

結婚してから何年も経って、僕は自分が盛大に勘違いしていたことを知ったのですから。僕はいわゆる、勘違い野郎だった。

でも振り返ると、僕があのとき「妻は僕に気があるに違いない」と勘違いをして接したからこそ、妻が振り向いてくれて、交際できたのだろうと、ここでも明るい方向にとらえています。

妻の一挙手一投足を「僕に気がある」に結びつけて考えていたからなあ。

勘違いだろうが、なんだろうがいいんだ。
いまこうして、妻が隣にいて、楽しく暮らしているのだから。

 

余談ですが、実は夫婦のなれそめについては、ブログに「妻との出会い」シリーズ全24話で書いているので、暇すぎてどうしようもない方はお読みください!

efufunet.hatenablog.com

 

お読みくださり、ありがとうございました。

薗部雄一

charoma0701@gmail.com

 

noteで子育てや夫婦観、家族について思うことを書いています。

 

note.mu

 

記事のアイキャッチに使える写真を販売しているよ♪ 

 

snapmart.jp

 

インスタグラムはこちら→

読者登録はこちらからお願いします^ ^

  

ライターの仕事論を語ってみた

数あるブログの中から私、そのべゆういち(@papayuyu0309)のブログをお読みくださりありがとうございます。

僕は複数のSNSを使っていますが、それぞれ次のように使い分けています。

はてなブログ→日常で感じたこと、育児のこと。
note→仕事、かための文章

この記事では、あまりシェアしたことがなかった、僕のnoteについてご紹介したいと思います!

先にちょろっと触れたようにnoteでは仕事のことを書いています。正直に言うと、自分の仕事論をウェブで発信することに抵抗がありました。仕事への向き合い方は人それぞれなのに、僕の考えを一方的に発信していいのかななんて考えてしまったからです。

しかしここ数ヶ月は、僕のライターアシスタントさん募集をしたこともあって、ライターの仕事についてTwitterDMでご質問を受けることが増えました。お返事を書いている中で、「待てよ、noteで書いてたくさんの人の目が読めるようにした方が、役に立つのでは?」と感じ、時間が許す限り仕事論をnoteに書き始めました。

僕は決してこの社会で名が通ったライターではないものの、会社員時代を含めれば約10年にわたり、書く仕事に携わっています。紙媒体に始まり、現在ではウェブを主戦場としています。



noteで特に読まれている仕事論についてnoteは、次の2つです。


■ライターの仕事で大切にしている、「半分自信、半分不安」の気持ち


note.com


概要を言いますと、ライターを何年も続けていくには、ライティングスキルと自信だけでは足りない、ということです。ライターの仕事は書くことですが、日本人として一般的な教育を受けてきた人であれば、誰でも文章を書けますよね。乱暴な言い方をすると、ライターは誰でもできるんです。参入障壁が低いからこそ、社会にはたくさんのライターが存在することになる。その中で仕事を得て、クライアントからの信頼を得続けるために僕が感じたことを書いています。


■ライター歴10年なのに、書くのは未だに怖いです。

 

note.com


同じ仕事を10年続けていると聞くと、「俺に任せろよ!」と自信たっぷりで仕事に取り組んでいるシーンを思い浮かべるのではないでしょうか。継続は力なりの諺の通り、何か特定のことをコツコツと続けると学ぶことが多いですし、実力が身についてくるのは事実です。でも、僕は基本的にビビり…。なぜ僕がビビりなのかについて書いています。

8月6日時点では、仕事論についてのnoteをもう一本書いています!


お読みくださり、ありがとうございました。

薗部雄一

charoma0701@gmail.com

 

noteで子育てや夫婦観、家族について思うことを書いています。

 

note.mu

 

記事のアイキャッチに使える写真を販売しているよ♪ 

 

snapmart.jp

 

インスタグラムはこちら→

読者登録はこちらからお願いします^ ^

  

ロイヤルホストの「フレッシュメロン&グラニータ」が美味しくて感動した!!

数あるブログの中から私、そのべゆういち(@papayuyu0309)のブログをお読みくださりありがとうございます。

 

季節は夏。メロンが美味しい季節です!

甘くて、いい香りがたまらない!


先日、約半月におよんだ新型コロナウイルス自宅療養から日常に戻ったお祝いとして、ロイヤルホストに行ってきました。
(ずっと家にいなければならないことがつらかった…)

ロイヤルホストには「季節のデザート」メニューがあって、冬はイチゴ、秋は栗のように、季節ごとに美味しい旬のフルーツで美味しいスイーツを提供してくれます。8月は、メロン特集でした!

同社のホームページでチェックすると、ご覧の通り。

 

www.royalhost.jp

 

メロンのメニューは、以下の5点。

「焦がしメロンのブリュレパフェ」
「フレッシュメロンボウルパフェ」
「ホールで味わうシフォンショートケーキ〜メロン〜」

ロイヤルホストのメニューページより


「フレッシュメロン&グラニータ」
「メロンヨーグルトジャーマニー」

ロイヤルホストのメニューより

メニュー名を呼んだだけで、よだれが出そう。どれも美味しそうー!!

お店について散々悩みました。「パフェはいいけど、けっこう大きいから食べきれるかな。食べるのに時間がかかりすぎて、器の底の方がぬるくなるしな」「シフォンケーキにも魅かれるものの、スポンジが口の中でゴワっとして今は嫌かも(この日は暑かった)」


数分あーでもない、こーでもないと思った末に僕が選んだのが、「フレッシュメロン&グラニータ」でした!ホームページに書かれているメニューの説明文はというと、こうです。

メロンと冷たいグラニータ、ホイップクリームを盛り合わせました。メロンの香りと甘さが引き立ちます。

メロン、冷たいグラニータ、ホイップクリーム。もうですね、僕が大好きなもの3つが揃っています!ちなみに、グラニータとはかき氷のようなイメージ。かき氷といえば最近はふわっとした食感が台頭していますが、僕はひと昔前のジャリジャリ食感が好きなんですよ。

スイーツと一緒にドリンクバーをつけたので、ホットコーヒーを飲みながらやってくるのを待ちました。余談なのですが、ロイヤルホストのホットコーヒーは僕の舌に合うんだよね。2杯は飲んでしまう!

待つこと数分(5分くらいだったかな)。ついにやってきました!!

 

メロンがたくさん!!

大きめにカットされた4切れのメロンがトップに!!そして、意外と器は大きいんですよ。


上層にはメロン、中層にはホイップクリーム、下層にはグラニータが入っています。

メロンの果肉は柔らかいし、グラニータもメロン風味。キンキンに冷たくて、口の中に入れるとあまりの冷たさに、体温が下がったような感覚を抱きました。

久々に日常が戻り、好きに外出をしてスイーツを食べられる喜びを噛みしめましたよ。普通の暮らしができるって、実はとっても幸せなことなんだ。

そんなことを考えながら、あっという間に完食しました。

ありがとうロイヤルホスト!ごちそうさまでした。

 

お読みくださり、ありがとうございました。

 

薗部雄一

charoma0701@gmail.com

 

noteで子育てや夫婦観、家族について思うことを書いています。

 

note.mu

 

記事のアイキャッチに使える写真を販売しているよ♪ 

 

snapmart.jp

 

インスタグラムはこちら→

読者登録はこちらからお願いします^ ^

  

長男が「トイレの花子さんが怖いから、一緒にトイレに来て」と言い出した

数あるブログの中から私、そのべゆういち(@papayuyu0309)のブログをお読みくださりありがとうございます。

 

最近、5歳長男が怖がっているものがあります。それは、


幽霊です!


彼はYouTubeで怖い話を見てしまい、こないだ保育園帰りに「パパ、僕は寝ている間に幽霊に連れて行かれちゃうの?」なんて言ってきました。

あー、けっこうビビってる…。

子どもが幽霊を恐れると、次に起こることは、ほぼ決まっています。


ひとりでトイレに行けなくなる!!


わかる、わかるよ。なぜなら、僕も子どものころはそうだったから。

夏休みの時期には、「午後は○○思いっきりテレビ」の怪談特集が放送されていたんですよ。たしか題名は、「あなたの知らない世界」。

映像が怖いのよ…。気のせいかわからないですが、昔のテレビでやっていたオカルト番組って怖くないですか?心霊写真特集でやばい映像の数々を目にして、それが頭にこびりついてなかなか離れなかったですよ。

怖い話を見たら暗闇からお化けがこんにちはしてくるような感覚に襲われるし、トイレにひとりで行けなくなる結果に終わることはわかりきっているのに、ついつい見てしまう。

不思議ですよね。まるで、「立ち入り禁止」と書かれた看板を見ると、立ち入りたくなる。あれって、なぜなんでしょうかね?
(妻に話したら、「何それ?そんなこと私は思ったことない」と言われたので、個人差はありそう)


長男はどうやらパリピ気質のようで、「ヤッホー」と言いながら踊ったり、体を動かしながら踊ったりしています。先日なんてね、公園を歩いたときに遊んでいる人たちに向かい「元気ですかっ!?」とアントニオ猪木のような気合いで話しかけていて、僕は恥ずかしかった(・_・;

そんな陽気な長男も、幽霊、とりわけトイレの花子さんが怖いと繰り返し主張します。

トイレの花子さん、懐かしいな。

現在38歳の僕が小学生のころから知っているよ。放課後に人が少なくなった後、校舎の中で人通りが少ない場所にあるトイレにあえて行ったことがあったなぁ。何も見なかったし、何も聞こえなかったけど、怖かったよ。(行くなよ、おい)

いまはトイレの花子さんに対する恐怖心でいっぱいの長男は、夜にトイレに行きたくなったら僕を起こします。深夜3時半でも起こします。眠いです。

寝室からトイレに行くには、襖を開けて真っ暗なリビングを通り抜け、ドアを開けてすぐなのですが、静まり返った夜中だとたしかに怖いかもしれません。

長男と手をつないでトイレに行き、電気を点けて彼が用足しをしている間、僕はドアの近くで待機しています。長男が出てきたら電気を消し、手をつないで寝室に戻ります。

正直に言ってトイレで起こされるのはきついのだけど、お化けにビビる子どもと暗闇の中トイレに行く体験も、親になった楽しみか。なんて前向きに考えてみるのでした。

お読みくださり、ありがとうございました。

薗部雄一

charoma0701@gmail.com

 

noteで子育てや夫婦観、家族について思うことを書いています。

 

note.mu

 

記事のアイキャッチに使える写真を販売しているよ♪ 

 

snapmart.jp

 

インスタグラムはこちら→

読者登録はこちらからお願いします^ ^

  

磁石が入っているのか!?なぜかくっついて寝る息子たち

数あるブログの中から私、そのべゆういち(@papayuyu0309)のブログをお読みくださりありがとうございます。


我が家では、リビングとは襖で区切られた和室を子どもたちと僕の寝室として使っています。僕が子ども2人と寝て、妻は別室で寝るスタイルを取っています。

未就学児2人と一緒に寝ると、いろいろあります。夜中に子どもの発熱に気が付いたり、おねしょの対応をしたり、夜泣きに向き合ったり。夜10時から朝6時までぐっすり!なんてことは稀で、たいていは夜中に起こされることが多いです。最近、1歳の下の子のアトピー性皮膚炎へのケアのため、夜中に何回も保湿クリームを塗ります。息子は痒みで眠りが浅くなる時間帯があって、そこでは僕も起きてスキンケアに勤めるわけです。


そんな感じで朝まで熟睡はあまりできないですが、僕は子どもたちと寝るのが大好きです。なぜなら、寝顔、寝姿が可愛いからです!生意気を言うし、病気で保育園を休んで仕事のスケジュールを変えざるを得ないこともあって、「子どもの可愛い寝顔が見られれば、みんなチャラ!」とはいかないものの、「僕の子どもなんだよなぁ。なんて愛しいのだろう」と夜中に布団の上でジーンとくることはしばしばです。

だってね、ちょっと前までミルクを飲んでいて、ハイハイして、1歩2歩だけヨチヨチ歩きをしていた子どもたちが、「パパ!明日はプールに入れる?」だなんて日本語を話しているんですよ!!下の子も最近は、「はい、どーぞ!」のフレーズを覚え、嫌いな食べ物を手に取り、満面の笑みで「はい、どーぞ!」と僕に渡してきます。おいおい、食べなきゃいけないぞ!と心では思うものの、あんなにキュートな残し方(押し付け方と呼ぶべきか)をされたら、僕はなすすべもなく降伏してしまう。

そんな愛すべき子どもたちですが、寝るときになぜか互いにくっついて眠っています。寝かしつけの際には上の子と下の子を離して寝かせるものの、気がつくと隣同士になったり、下の子の足元に上の子がへばりついて眠っていたりと、「この2人の体内には磁石でもついているのか?」と思ってしまうほどです。

これが我が家の寝室です。

 



ご覧の通り、3人で寝るにはスペースにゆとりがあるのに、なぜか右側のスペースしか使われません。

 

 

実際には、このような感じで右側のスペースで息子たちは寝ています。

 

案の定、夜中に激突して起きる事態に発展…。離れて寝て欲しいなぁ。

 

お読みくださり、ありがとうございました。

薗部雄一

charoma0701@gmail.com

 

noteで子育てや夫婦観、家族について思うことを書いています。

 

note.mu

 

記事のアイキャッチに使える写真を販売しているよ♪ 

 

snapmart.jp

 

インスタグラムはこちら→

読者登録はこちらからお願いします^ ^

  

「元気なのに、食べないんです」保育士さんからの報告で「兄弟だな」と感じた

数あるブログの中から私、そのべゆういち(@papayuyu0309)のブログをお読みくださりありがとうございます。


今日、下の子の保育園にお迎えに言ったとき、保育士さんからこんなことを言われました。

 

「○○くん、とっても元気に過ごせたのですが、お昼ごはんをあまり食べなかったんです」

 

昨日から久々に復帰したし、環境に慣れないのかな?と一瞬思ったものの、保育士さんからの「元気なのに、なぜか今日は食べない」報告に聞き覚えがあることを思い出しました。

それは、2020年、長男が2歳児クラスだったときのこと。お迎えに行ったときに保育士さんから、今日下の子の担任の先生から言われたことと全く同じことを言われたのです。

 

そのとき、長男がなぜお昼ごはんをあまり食べなかったかというと、メニューがグラタンだったから。実は長男、グラタンが苦手でした。

 

 

牛乳の風味とたっぷりの焦げたチーズの香りが美味しいのに…。

そんなことを言っても、食べ物の好みは人それぞれだから仕方がない。長男はどうも牛乳を使ったメニューが苦手で、シチューやグラタンを食べられませんでした。

フードコートに行ってお子様ランチを注文しても、お米とポテトしか食べなかった長男。保育士さんによれば、小さい子どもはグラタンが好きなことが多いらしいですが、我が家の息子たちは2人ともグラタンが苦手だった。

やっぱり兄弟だなと感じましたね。

 

ちなみに、息子たちは揃って、にんじんしりしりが大好きです。

 

お読みくださり、ありがとうございました。

薗部雄一

charoma0701@gmail.com

 

noteで子育てや夫婦観、家族について思うことを書いています。

 

note.mu

 

記事のアイキャッチに使える写真を販売しているよ♪ 

 

snapmart.jp

 

インスタグラムはこちら→

読者登録はこちらからお願いします^ ^

  

約20日ぶりに「日常」が返ってきた

数あるブログの中から私、そのべゆういち(@papayuyu0309)のブログをお読みくださりありがとうございます。

 

今日、長男と次男が約20日ぶりに保育園へ登園しました。新型コロナウイルスによる自宅療養期間は長かった、長かったよ…。子どもたちが相次いでかかってしまったからね。

 

efufunet.hatenablog.com

 

高熱に苦しむ子どもたちの様子を見るのはつらかったし、自分も感染してきつかった。抗原検査キットに陽性を表す2本の線がバチッと入ったときには、なんとも言えない気持ちになりました。

 

20日の自宅療養を終えて家族は元気になり、ついに登園!

登園準備をして、着替えをバッグに入れ、自転車に乗って自宅から保育園までの2kmの道を辿ります。これだけの間休んでいると、何を準備すれかいいか忘れます。プール遊びをしていたっけな。我が家は兄弟別園だし年齢も違うから、プールバッグに備えるべきものが違うんだよね。混乱したな(・_・;


行きの道で信号待ちをしていたとき、空を見上げたら、青空が広がっていて思わず写真を撮りました。

 


こうして子どもを乗せて登園できるって、当たり前じゃないんだな。

子どもを持って5年経つので、インフルエンザやはやり目など、病気のリスクは経験しています。上の子が手足口病になり、僕に移ったこともありました

でも新型コロナウイルスのきついところは、本人だけではなくて同居家族も濃厚接触者として外出ができないことです。

感染症対策のために子どもが在宅していることは何度も経験しています。緊急事態宣言は何回も発出してますし。

efufunet.hatenablog.com

 

しかし、外出を自粛するのと、外出ができないのとでは、同じ家にいる状態でも気持ちが全然違います。大げさな言い方かもしれませんが、社会から隔絶されたかのような感覚を抱きました。

 

はあ、約20日ぶりに日常に戻った…。保育園の先生いわく、「お休みの子が多いですからね」とのこと。まだ安心はできませんが、ひとまず日常に戻ったことは良かった(ホッとする)

 



自宅療養中はローテーションを組んで一緒に看病をしてきた妻に伝えたい。「ありがとう、おつかれさま!」

 

8月2日 22:33 追伸

 

長男、次男ともに久しぶりの登園で楽しく過ごしたものの、環境の変化に戸惑ったのでしょうね。長男は寝る前に布団の上でおもらしをし、次男は帰宅後からずっと機嫌が悪くてギャン泣きしていました。子どもたちもおつかれさま。これから慣れていこうね!

 

お読みくださり、ありがとうございました。

薗部雄一

charoma0701@gmail.com

 

noteで子育てや夫婦観、家族について思うことを書いています。

 

note.mu

 

記事のアイキャッチに使える写真を販売しているよ♪ 

 

snapmart.jp

 

インスタグラムはこちら→

読者登録はこちらからお願いします^ ^

  

セミが僕の自転車で羽化したらしい

数あるブログの中から私、そのべゆういち(@papayuyu0309)のブログをお読みくださりありがとうございます。

 

今日は8月1日。

僕の誕生月である7月があっという間に終わり、新しい月を迎えました。

そして今日は、長らく自宅療養をしていた長男が約20日ぶりに保育園に登園した日でもあります。まだ次男が登園できないけど、確実に日常に戻っている!!

しばらく行っていかなったからクラスのお友だちとの関係はどうかな…なんて心配していましたが、僕の心配はまったくの杞憂でした。

お迎えに行ったら、担任の先生から「ずっとずっとお友だちと遊んでいて、楽しそうでしたよ」と笑顔で報告がありました。よかった…。

夕方、自転車でお迎えに行って長男を先に家に入れてから自転車を駐輪場に戻そうと思ったとき、前カゴにとあるものがぶら下がっていることに気がつきました。

 

その「あるもの」とは!!

 



セミの抜け殻です!!(ぼやけていてもタイヤの汚れがわかるな…)

 

びっくりしたよ。まさか前かごにぶら下がっているなんて!帰りには荷物を置いたし、保育園から自宅までの15分間ずっと揺れていたのに、よく落ちなかったなと思いましたね。

 

なぜこんなところにセミの抜け殻があるのか最初は不思議でしたが、実は思い当たる節がありました。

それは今朝のこと。登園しようと自転車を駐輪場に取りに行ったとき、僕の自転車の真下でセミが元気よく跳ね回っていたのです。元気なのはいいけど、なぜか地面にひっくり返って、起き上がろうと必死に羽をばたつかせている感じでした。

 

死んでいるのかと思ったセミに近づくと、実は生きていて突然動き回る姿に驚く、俗に言う「セミ爆弾」のよう。あれ、本当に怖いし心臓に悪い。

セミは僕の自転車の下を10秒くらいバタバタして、大空に向かって元気に飛び立って行きました。行ってらっしゃーい!

予測ではあるのですが、おそらくあのセミは僕の自転車の前カゴで羽化したのだろうなぁ。

駐輪場の近くには土が多いので、幼虫は土から這い出て殻を脱ぎ去る場所を求めてヨチヨチと歩いたのでしょう。そして、見つけたのが僕の自転車の前カゴだった。

 

イラストacの https://www.ac-illust.com/main/detail.php?id=22884800&word=%E3%82%BB%E3%83%9F%E3%80%80%E7%BE%BD%E5%8C%96%E3%80%80%E6%B0%B4%E5%BD%A9%E9%A2%A8%E3%83%86%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%83%88



そう考えたら、なんだかちょっとクスッときた。セミの幼虫が羽化というセミ人生(セミ生と呼ぶべきか)の一大イベントの舞台に僕の自転車を選んでくれたなんて。これは全くの僕の感覚なのだけど、セミの抜け殻を目にしたとき、なんだか気分が良くてしあわせな気持ちになったんだ。なんだかいいことがありそう^ ^

僕の自転車の前カゴで殻を脱ぎ去ったセミさんよ、毎日暑いけど元気に過ごしてくださいよ!

 

お読みくださり、ありがとうございました。

薗部雄一

charoma0701@gmail.com

 

noteで子育てや夫婦観、家族について思うことを書いています。

 

note.mu

 

記事のアイキャッチに使える写真を販売しているよ♪ 

 

snapmart.jp

 

インスタグラムはこちら→

読者登録はこちらからお願いします^ ^