読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いい夫婦net.〜夫から妻へ送る愛と日常の一コマ〜

No Wife No Life 妻への愛情とのろけを真剣に書きまくるブログです

「頻繁にスキンシップをする」「ひとりの時間を大切にする」「良い夫婦関係のため、夫が妻にすること」その4(ラスト)

このブログでは、妻との日常と妻への愛情を綴っています。

僕らは川崎市にある「新丸子」という街にある喫茶店「SHIBACOFFEE」さんで出会い、様々な偶然が重なって付き合ってから4ヶ月で結婚しました。

現在妻は妊娠8ヶ月。僕はプレパパとなり、妻と子供への愛しさをあらためてかみしめています。

「妻との出会いを読んでみたい!」という方は、こちらをお読みください。

妻との出会い(1)~近所の喫茶店の常連客同士だった~ - いい夫婦net.~夫から妻へ送る愛と日常の一コマ~

僕はいろんなところに抜けが多くてミスが多いタイプだけど、良い夫婦関係を作ることは比較的うまくできていると思う。

 

以前妻が僕への愛情をパソコンに打ち込んでいて、その文章を読んで(「私の趣味は夫です」)、「何が僕らの夫婦関係をいいものにしているのだろう?」と思ったのがきっかけで、2015年8月7日の付き合い初めのときからの行動を振り返り、「夫が妻にする大切なこと」と感じることを7つまとめてみました。

「妻ともっといい関係になれたら」と思う男性が読んだら、参考になると願って。

 

1〜5はこちら。

 

1:ちゃんとぶつかる
2:感謝、愛の言葉は思った時に伝える
3:妻が怒りを出せる環境を作る
4:妻と一緒に服を見にいく

5:些細なことを話題にする

 

6:スキンシップを頻繁にする

動物たちは毛づくろいなどをして、お互いに触れることで絆を深めたりしますね。同様に夫婦だって、触れ合うことが大切だと思うのです。スキンシップというやつです。

 

「夫婦」「触れる」というワードが並ぶと、セックスをイメージすると思います。でも、セックスは手軽ではない(笑)。場所は選ぶし、1〜2分で!というわけにはいかないです。準備が必要です。

そうまでしなくても、妻と一緒に歩く時に手を繋いだり、時折髪を撫でたりすることはできる。お風呂に一緒に入ったときや寝る前にマッサージをしたり、意識的にハグをしたり。パートナーに触れる機会は作れます。

以前、妻が肌荒れに苦しんでいた時に、ハンドタオルで優しくこすったら、ちょっとよくなったという話を書きました。

 

efufunet.hatenablog.com

 

医学的な確証はないけど、愛する相手から触れられることで、妻は気持ちよかったのだと思います。パートナーに触れるという行為は、心が落ち着くし、愛情を感じるものです。

「皮膚は露出した脳」とも呼ばれるくらい、脳と皮膚の間には密接な関係がある。温かい手で握られれば、なんだか気持ちがホッとしますよね。外界と接すると皮膚は対人関係を色濃く反映するとされていて、たとえば嫌いな人から触れられれば不快極まりないのも、そのためかも。

 

また、触れることで「オキシトシン」と呼ばれる物質が出ます。たまに名前は出てくるホルモンですね。「絆ホルモン」とも呼ばれ、気持ちを安定させたり、愛情を深めるみたい。

触れる→オキシトシンが出る→パートナーへの愛情が深まる

ようになるのでしょう。

だから、頻繁に妻に触れることは大切になる。

5の「些細なことを大切にする」では普段からのちょっとした会話の大切さを書いたけど、普段からのちょっとしたスキンシップも大事だよね。

愛するパートナーに触れれば(もしくは、触れられれば)安心できると思えれば、気分的に大きく違う。

 

7:夫はひとりの時間を取る

夫婦仲を良くする秘訣なのにひとり時間を取るのかよ!と突っ込まれそうだけど、そうです!

僕はカフェでコーヒーを飲むながら本や雑誌を読むのが好きで、その時間は、僕にとって欠かせないものです。

夫婦の仲がいいのは素敵なことだし、一緒にいる時間は大切だけど、いつもかもべったりでひとりの時間がないのは、窮屈になってしまう。

1の「ちゃんとぶつかる」でも書いたけど、夫婦はもとは他人です。 だから、ひとりだけの時間を持つことは大切なんだよね。どんなに好きな相手でも、「ひとりになりたいなあ」と思う時はある。

僕が言いたいのは、そうした「ひとりになりたい」という気持ちを無視しないこと。「夫婦なのだから!」と思って、自分の心に湧いた気持ちを無視していると、いつか不満となって爆発します。疲れた時とか眠い時とかは本音が出やすいから。2の「思った時に伝える」にもリンクするけど、湧いた気持ちはその時に伝えるのがいいといいんだ。

夫としては、「妻のため」「子供のため」「家族のため」など、誰かのためが頑張る理由になっていることが多い気がします。僕もその傾向があるし、別に悪いことではない。家族を持つことで感じる適度なプレッシャーは、既婚男性を成長させてくれるように感じます。でも、家族のためを優先するあまり、自分自身の要求をないがしろにすると、悲しくなります。

家族は大事。僕も同様に大事

そんな気持ちはいつも心に持っておいた方がいいと思う。

 

おわり。

 

 

薗部雄一

charoma0701@gmail.com

 

スナップマートで写真を販売しております。

snapmart.jp

 

ランキングに参加しています。

ポチッと押していただけると励みになります。

 

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛観・結婚観へ
にほんブログ村

  

にほんブログ村 マタニティーブログ プレパパへ
にほんブログ村 レシピブログに参加しています。

インスタグラムはこちら。

www.instagram.com

 

 

 

読者登録はこちらからお願いします^ ^