読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いい夫婦net.〜夫から妻へ送る愛と日常の一コマ〜

No Wife No Life 妻への愛情とのろけを真剣に書きまくるブログです

「洗剤を詰め替えたよ!」些細なことを話題に「良い夫婦関係のため、夫が妻にすること」その3

このブログでは、妻との日常と妻への愛情を綴っています。

僕らは川崎市にある「新丸子」という街にある喫茶店「SHIBACOFFEE」さんで出会い、様々な偶然が重なって付き合ってから4ヶ月で結婚しました。

現在妻は妊娠8ヶ月。僕はプレパパとなり、妻と子供への愛しさをあらためてかみしめています。

「妻との出会いを読んでみたい!」という方は、こちらをお読みください。

妻との出会い(1)~近所の喫茶店の常連客同士だった~ - いい夫婦net.~夫から妻へ送る愛と日常の一コマ~

 

僕はいろんなところに抜けが多くてミスが多いタイプだけど、良い夫婦関係を作ることは比較的うまくできていると思う。

以前妻が僕への愛情をパソコンに打ち込んでいて、その文章を読んで(「私の趣味は夫です」)、「何が僕らの夫婦関係をいいものにしているのだろう?」と思ったのがきっかけで、2015年8月7日の付き合い初めのときからの行動を振り返り、「夫が妻にする大切なこと」と感じることを7つまとめてみました。

「妻ともっといい関係になれたら」と思う男性が読んだら、参考になると願って。

 

1〜4はこちら。

 

1:ちゃんとぶつかる
2:感謝、愛の言葉は思った時に伝える
3:妻が怒りを出せる環境を作る
4:妻と一緒に服を見にいく

 

会話で感動を共有する

 

夫婦になって毎日一緒に暮らす中で、最もやることは「会話」ではないでしょうか。そもそも結婚したいと感じるのは、「この人と世界で一番会話したい」と思うからと言っても過言ではないと思います。

夫婦の良好な関係を保つには、プレゼントをしたり、旅行に行ったりすることは大切。「相手のことを思っている」と心にある気持ちを、行動で表現することは重要だから。会話は、気持ちを表現する身近で不可欠な行動だと思う。

付き合って1年8ヶ月、結婚して1年4ヶ月が経ち、様々なことを経験しながら、夫婦関係と会話量は関係があるのでは、ということを思います。会話のために夫婦が時間を作り、その時間を共有することになる。もともと他人である夫婦が、同じものを見て、感動をシェアしている。会話をするって、そんな気がします。結婚生活とは、感動共有生活だと思うんだ。

 

仕事にかまけていたら、妻から「私は些細なことを話したい!」と怒られた

 

だから、夫か妻のどちらかが感動共有からそれた行動をすると、夫婦の間に不協和音が生じることになる。ある時、僕が仕事のことで頭がいっぱいになってしまい、妻とろくに会話をしなかったことがあります。一緒にお風呂に入っても僕は考え込んで口を聞きません。その時、妻は怒りました!

 

「私は日常の些細なことを話したい!

 

『今日は洗剤を新しいものに詰め替えたんだよ』

『床を綺麗に掃除したんだよ』

『お花の水を替えたんだよ』

 

そういうことを大切にしたいの!!」

 

その言葉を聞いて、僕はハッとしました。夫婦の会話、これは忘れてはマズイことだった。僕としては、家族のために仕事をしていると思っていて、心のどこかに、「仕事をしているのだから、ちょっとくらい会話をサボってもいいだろう」という気持ちがありました。

 

夫婦で共有する感動が多いほど、絆は深まっていく

 

一緒に公園を散歩して見る花が綺麗だったり、コンビニで買ったコーヒーが美味しかったりする感動を話す。それらは一見すると小さなことです。でも、そんな些細な感動を共有できるなら、旅行などの大きなイベントでは感動できるだろうし、一緒に暮らすことが楽しくなる。

「洗剤を新しいものに詰め替えた」という些細なことでも、夫婦で共有できる感動が多いほど、絆は深まっていくのだと思います。

夫として(もちろん、妻としてもあるけど)、共に感動を共有する時間を作ることは必要だし、そうした場作りスキルを持つことは大切だと感じます。

これから育児がスタートする僕ら夫婦にとっては、些細なことでも共有することは大切になってくるなあ。 

 

 

薗部雄一

charoma0701@gmail.com

 

スナップマートで写真を販売しております。

snapmart.jp

 

ランキングに参加しています。

ポチッと押していただけると励みになります。

 

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛観・結婚観へ
にほんブログ村

  

にほんブログ村 マタニティーブログ プレパパへ
にほんブログ村

 

レシピブログに参加しています。

インスタグラムはこちら。

www.instagram.com

 

読者登録はこちらからお願いします^ ^