交際4か月で結婚した夫婦の子育てと暮らし

新丸子の喫茶店で知り合って交際4カ月で結婚した夫婦の記録

雨の休日。妻と一緒に散歩をして思い出した同棲時代

数あるブログの中から私、そのべゆういち(@papayuyu0309)のブログをお読みくださりありがとうございます。

 

昨日はお休みなのに、あいにくの雨。


最近はほんと雨続きだよね。代わりに気温も下がって過ごしやすくなったのは嬉しいかな!


ちょっと前まで朝5時過ぎに目覚めると窓の外からジージーと鳴いてたセミの鳴き声がめっきり聞こえなくなりました。


代わりに夕方から夜になるとコオロギの音色が聞こえてきて、季節が夏から秋に移り変わっているんだなと感じます。


僕は雨粒がポツポツと地面や草木にあたる音に癒しを感じる人間でして、網戸にして窓辺でぼけーっとしてしていたいんですよ。


でも4歳の元気いっぱいな長男がおうち遊びに満足するはずはなく、彼の運動欲とシャウト欲(大声で騒ぎながらリビングを走る)を満たすのは相当にハードルが高い…。


前回のブログに書いたみたいに、自宅にある庭を活用してピクニックをするなどしてステイホームを楽しむかと思っていたのだけど、昨日は仲の良いご近所さんが長男と遊んでくれたので、助かった!

 

efufunet.hatenablog.com

 

ご近所さんのお宅には長男の年齢に近いお子さんがいるし、長男も「にいに、ねぇね」と言って懐いています。

 

元保育士さんだけあって遊びのレパートリーは、粘土、スライムあそび、クレープ作りと豊富で、自宅ではなかなかできない遊びをしてくれます。長男はそれが楽しくてたまらないんです。


長男がご近所さんと遊んでいる間に僕は次男に離乳食あげたり、室内で一緒に遊んだりしていたのですが、雨が小雨だし妻を誘って近所を散歩することにしました。


ベビーカーには雨よけカバーをつけ、妻と僕は傘を差して歩く。


向かった先は100円ショップとスーパーでした。


100均の品揃えは豊富で、こじんまりとした店内には商品がぎっしり並んでいます。お店では長男の塗り絵や文房具などを書いましたよ。100均は意外には塗り絵の本がけっこう揃っていてね、親としてはありがたい。


ひらがなやかたかなの練習も兼ねて塗り絵遊びができる本もあって、遊びと学びを一緒にできる。


保育園がいつ臨時休園になってもおかしくないし、室内でも楽しめるようにツールは揃えておかないと!


塗り絵の本はかさばらないから保管場所に困らないし、色鉛筆を使って何十分も集中してくれるから、僕としては正直に言って楽。


プラレールだと組み立てなきゃいけないから、苦手なんですよ。


「パパやって!」「作って」と言われるたびに気が重くなる。パズルやブロック遊びがちいさいころから不得手でして…。ブロックには、組み立ての参考として商品にお手本の小冊子がついていますよね。あれを読んでも作れないから困る。

 

f:id:efufunet:20210905091030j:plain

見てください。レールが完全にはまっていません。

保育園で長男と同じクラスで、同じくプラレール好きな男の子のママから「YouTubeを見ればなんとかなりますよ」ととびきりの笑顔でアドバイスをもらったのだけど、あのー、僕、YouTube見ても画面の通りコースを再現できないんでよって内心思っていました。


それに比べたら、塗り絵なら本と色鉛筆を「はいどうぞ」と長男に差し出して、適度なタイミングで「おー、上手だねぇ」と言っておけばいいんだからさ。


なんだか話が100均の塗り絵にそれてしまったよ。


ここで書きたかったのは塗り絵がいかにおうち遊びに役立つかではなく、旅行じゃなくてと家族で近所を歩くだけで僕はしあわせを感じるってこと。


妻と肩を並べて歩く時間ってさ、交際時からずっと好きなんだ。


たとえ近所を少し歩くだけでも、十分に嬉しい!


新丸子で同棲を始めた頃、近くにある100円ローソンにりんごを買いに行ったときを思い出すなぁ。

 

夜に無性にファミキチが食べたくなって、2人でコンビニまでいったこともあった。


あのときは2人だけだったのに、いまはベビーカーを押している。家族が増えるって、なんだか不思議な感じだよ。


交際時のことを思い出しながらスーパーで買い物中、鮮魚コーナーに差し掛かり生鮭の切り身を見つけました。


100グラム228円。


切り身としてはなかなかのお値段。

 

f:id:efufunet:20210905104139j:plain

生鮭の切り身~


でも旬の魚だし、商品棚の照明で「盛られて」いるとはいえ、新鮮で美味しいことがパック越しに伝わってきました。


生鮭の切り身を見て僕の頭に浮かんだのが、鮭のムニエルです。


妻とまだ交際前、近所の仲良しだったころに僕の部屋で夜ご飯を食べていたのですが、その時に出したメニューなんです。

f:id:efufunet:20210905104211j:plain

妻と一緒に食事をする時間が愛しかった


妻の喜ぶ顔をイメージして作ってね、一緒にに食べる時間が楽しかった。


新丸子には安田屋というお惣菜屋があって、そこでしばしば買ってた。計り売りで、お店の人に「ナスの揚げ浸し○グラム」「うーん、少し多いけどおまけね!」なんて会話を交わす。

 

f:id:efufunet:20210905104258j:plain

新丸子に住んでいた時によくいっていた「安田屋」さん

 

いまもあるのかな。


安田屋さんでは綺麗な鮭の切り身がうっていて、よく買ってた。


この切り身でムニエルを作ったんだ。


そう言えば、安田屋さんで鮭を買った日も昨日みたいに小雨が降る日だった。


傘をさして店に行ったんだよ。


妻との食事をずっと楽しみたくて結婚を意識するようになった。


なんだかそんな昔々のことを思い出した家族散歩でした。

 

お読みくださり、ありがとうございました。

 

薗部雄一

charoma0701@gmail.com

 

noteで子育てや夫婦観、家族について思うことを書いています。

 

note.mu

 

記事のアイキャッチに使える写真を販売しているよ♪ 

 

snapmart.jp

 

インスタグラムはこちら→

 

産後の夫婦関係に特化したオンラインサロンをスタートしました(2021年4月1日~)

music-book.jp

 

読者登録はこちらからお願いします^ ^