交際4か月で結婚した夫婦の子育てと暮らし

新丸子の喫茶店で知り合って交際4カ月で結婚した夫婦の記録

緩やかな下り坂は「〇〇〇」。3歳長男の言葉選びが僕は大好き!!

僕は長男の言葉選びが、とーっても大好きなんだ。

 

いろんなものを素直に見て、思ったことを素直に言う姿がかわいいんだよなぁ。

 

家から保育園までは自転車で15分かかるのだけど、途中に緩やかな下り坂があるのね。

 

住宅街のど真ん中にある緩くて長い下り坂。

 

長男をそれを「道路のすべり台」と表現するんだ!

 

初めてその発言を聞いたとき、下り坂と滑り台を結びつけた彼の発想に「すごい!」と思ったよ。

 

下り坂だから、自転車をこがなくてもどんどん前に進んでいく。

 

言われてみれば、たしかにすべり台みたいだね!

 

この道を通るたびに「道路のすべり台だー!」と嬉しそうに言う長男の姿を見るのが僕は楽しみなんだよ。

 

この時期の自転車は寒くてたまらんのだけどね…。

 

でも冬の朝の冷気が頬に当たるのは心地よいし、自転車の上で長男と交わす会話も面白いから、まあ、いいかな!!

 

 

言葉選びといえば、「鏡開き」という表現も僕は好き!

 

このブログを書いているのが、1月11日なのだけどね、その日は鏡開きの日なのだ。

 

正月に飾った鏡餅を食べやすい大きさにして、お汁粉に入れて食べるんだ。

 

f:id:efufunet:20210111103642j:image

 

そもそもお正月になんで鏡餅を飾るかというと、神様の居場所をつくるため。

 

松の内(1月7日まで)が終わったら、神様が入った鏡餅をいただいて、「いいことありますように」と願うイベントなのね!!

 

そうなんだけどね、なぜお餅を「開く」と言うんだろう?

 

鏡餅を食べやすい大きさにする方法は、鋭い刃物で切るか重さがあるハンマーで叩き割るかと考えるのが自然だよね。

 

なんで鏡餅を「開く」というのか。

 

それには理由があるんだ。

 

縁起が良いか悪いか。

 

神様がいる鏡餅を「切る」とか「割る」と言うと、なんだか罰当たりな気もするよね。

 

武士の家庭でも鏡餅を飾っていたわけだけど、「切る」という言葉から切腹をイメージしてしまうので、新年からとっても縁起が悪い…。

 

「割る」っていうのも、物を壊すシーンを連想するので、なんだか嫌。

 

とはいえ実際にはお餅を切ったり叩いたりしてるわけだけど、「開く」と表現すると縁起の悪さも罰当たりな感じがしなくて、単に「お餅を食べやすい大きさにしている」というフラットな印象を受けるから不思議だよ。

 

ライティングと編集を仕事にしている僕にとって、ワードセンスはかなり重要。

 

「鏡開き」も「道路のすべり台」も、素晴らしい表現だなぁ。

 

先輩編集者さんが仕事のことを「言葉屋さん」と話していたことを思い出すよ。

 

僕もそんな言葉選びができるように毎日を過ごしていこう!

 

ま、まあね、言葉選びもいいけど、今日は1月11日。

 

お汁粉を食べるのはもっと好きだな。

 

そのべゆういち

charoma0701@gmail.com

 

noteで子育てや夫婦観、家族について思うことを書いています。

 

note.mu

 

記事のアイキャッチに使える写真を販売しているよ♪ 

 

snapmart.jp

 

インスタグラムはこちら→

 

読者登録はこちらからお願いします^ ^