交際4か月で結婚した夫婦の子育てと暮らし

新丸子の喫茶店で知り合って交際4カ月で結婚した夫婦の記録

3月9日の思い出〜12時間かけてトロントからトロントへ戻った話〜

ブログをお読みくださり、ありがとうございます。

 

そのべゆういち(@papayuyu0309)です。

 

19歳の3月9日、初めて海外へと旅立った

 

3月9日は思い出の日です。

 

思い出すのはレミオロメンの「3月9日」。いい曲だよなあ。学生時代からのカラオケの十八番です。

 


3月9日 / レミオロメン (cover)

 

3月9日を聴くと思い出すがアルゼンチンへ行ったこと。

 

その時の思い出を書いてみますね!

 

2004年の3月9日、当時19歳だった僕は生まれて初めてアルゼンチンへ向かいました。

 

f:id:efufunet:20160309000234j:plain

 

 

 

16歳の時から語学に興味を持ち、外国語の専門学校に進学。

 

スペイン語と英語を専攻し、学校でもプライベートでも外国人とたくさん交流を持っていました。

 

語学をたくさん使い、いろんな国籍の人と話してきたのに、実は海外に行くのはこの時が初めてでした。

 

とはいえ初海外でアルゼンチンはかなり珍しい部類に入ったらしく、友達にアルゼンチンへ行くことを言うと、「なぜアルゼンチンなのか?」と驚かれることが多かったです。

 

アルゼンチンってどんな国?

 

アルゼンチンとは、南アメリカの太平洋側に位置する南北に細長い国です。

日本の真裏にある国と言ったら、立地をイメージしやすいかな?

まあ一言で言えば、とっても遠い国なわけです。

 

日本からアルゼンチンへの所要時間は約30時間!! 丸1日以上かかる。

 

僕が行った時は、東京→バンクーバートロントサンチアゴブエノスアイレスと、トランジット3回のフライトでした。(まあ学生でお金に制約があるから、安くて時間がかかるルートを選択)

 

アルゼンチンで有名なのはサッカー(ボカジュニアーズなど)、タンゴ、マテ茶、氷山などかな!!

 

公用語スペイン語、通貨単位(意外と聞かれる)はアルゼンチンペソです。

 

まだ10代だったし、長時間フライトの負担はあまり感じませんでした。

 

それどころか、飛行機の中でパーサーと仲良くなって英語で雑談をしてね、「やっぱ国際交流って最高だわ!」なんて旅行を満喫していました。

 

でも思い出してください。

 

アルゼンチンは日本の真裏にあるわけで、時差はきっちり12時間。

 

つまりね、昼夜が見事に逆転していたのよ。

 

着いたばかりのときはホテルで昼間は寝て、夜に現地で作った友人と食事や踊りに行って過ごしていました。

 

現地の人にとっては夜でも僕の体は昼モードだから、元気なんですよ。

 

f:id:efufunet:20170305140908j:plain

 

そうそう。

 

僕がなぜアルゼンチンに行ったかというと、通っていた専門学校でスペイン語を専攻しており、スペイン語の力を鍛えたかったことが一番大きな理由です。

 

海外をこの目で見たかったこともあります。

 

先生がアルゼンチン出身の方で、普段から国の魅力を耳にしていて、行ってみたかったんだ。

 

血気盛んで多感な19歳。帰国子女や留学経験がある友人や外国人と毎日接しているうちに、「アルゼンチンに行く!」と決めてバイト代を貯めて旅費を捻出しました。

 

当時僕は外国人を相手に海外で仕事をすることを夢見て、スペイン語を勉強していました。

 

英語が話せればあらゆる人とコミュニケーションが取れるけど、やっぱり自分の国の言葉で話したほうが気分がよくないですか?

 

世界でスペイン語公用語とする人は約4億人もいるんですよ。

 

ブラジル以外の南米の国ではスペイン語が話されています。

 

初めてのフライトでトラブル続出

 

記念すべき初海外、初アルゼンチンは行きから大きなトラブルに見舞われました。

 

お金を貯めた僕は、高校の友人に紹介してもらった旅行代理店で手続きをし(お得な料金で行けました)、3月9日に成田空港を飛び立ちました。

 

スーツケースは先輩に借りられたし、変圧器などほとんどのものを頂き物でまかない、自分ではほとんど準備をしないという財布に優しい状況だったなあ。

 

f:id:efufunet:20170305141126j:plain

 

当時の僕はなかなか調子に乗っていましてですね、「この俺がアルゼンチンに向かうんだぞ!」みたいに偉そうな気分でいました。

 

よく「そんな遠い国に行くなんて怖くなかったの?」と質問されるんだけど、怖さなんて全く感じなかったよ。

 

楽しいことしかイメージしていなかったし、仮に何かあっても僕ならどうにかできると楽観的に構えていました。

 

そしたらさ、トラブルが発生して海外でめちゃめちゃ焦る展開になってしまいました(汗)

 

前述の通り日本からアルゼンチンへは通常は30時間ほどで着くのですが、なんと僕は50時間近くかかったんです(涙)。

 

今でもいい思い出なので、ちょっとだけ書いておきます。

 

そもそも横浜駅から成田まで向かう成田エクスプレスの中で、近くの席の人が食べるシウマイ弁当に吐き気を催すことからスタートしていたっけな。

 

1:トロント空港で5時間待ちぼうけ

 

日本からアルゼンチンに向かう直行便はなく、カナダかアメリカでトランジットすることになります。

 

僕はエアカナダという航空会社を使い、

成田→バンクーバートロントサンチアゴ→アルゼンチン

という乗り換えばっかりのルートで向かったのですが、トロント空港でサンチアゴ行きの飛行機を5時間も待つことになっていたのです。

 

旅程で知ってはいましたが、いざ待つとなるとつらすぎる。

 

バンクーバー空港内は綺麗で広く、いろんな店があって時間つぶしに困らなかったけど、トロント空港はあまり店がなく、ベンチでひとりボケーとして過ごしていました。

やることがない状態での5時間って長い!

おまけにトロントはとても寒く、移動で一度外に出たのですが、感じたことがない強烈な寒さに完全に意気消沈…。

 

寒すぎて雪が空港の窓ガラスに付着しても溶けずに結晶のまま残っていましたからね。

 

確かマイナス何度というレベルでした。

 

暇だしやることがないし、空港のベンチで横になって過ごしました。

 

2:非常事態発生! まさかのトロントへの逆戻り

 

たくさん待ってようやくトロントからチリのサンチアゴ行きの飛行機へ乗ることができました。

 

このフライト時間がとっても長い。

 

なんと、12時間かかります。半日も飛行機の中で過ごさないといけない。

 

このとき、僕はラッキーにも比較的広い席にあたり、ゆったりとしたフライトを楽しんでいました。

ここまで来ると日本語での機内アナウンスはなく、英語とフランス語(カナダの公用語なので)のみでよくわかりません(笑)。

 

周りを見回しても日本人の乗客はあまりいませんでした。

 

12時間という長いフライトでしたが、僕は隣に座っていたチリ人のご婦人とスペイン語と英語を使って談笑していたため、楽しい時間を過ごしていました。

 

女性は僕が持っていたMDプレーヤー(懐かしい!)に興味を示し、「こうやって聴くんですよ。いいでしょ」なんて説明したことを覚えています。

 

ラテン系の人はお話好きなので、同じくお話好きな僕とは気が合い、ひたすら話しまくっていましたね。

 

フライトは順調に進み、まもなくサンチアゴに着くと思った時、衝撃な機内アナウンスが流れました。

 

"Ladies and gentlemen, sorry we're going back to Toront because....."

(皆様、申し訳御座いませんが当機はトロントへ戻っている状況です)

 

GOING BACK TO TRONT??

トロントへ戻っている??)

 

理由の部分は僕には聞き取れなかったのですが、トロントに戻っていると言う何やらヤバい事態を告げる部分は聞き取れました。

 

機内は騒然とし、周りの乗客が客室乗務員に情熱的に抗議し始めました。

 

公共の場では感情を出さず、静かに過ごすべしと思っていましたが、外国の方はそうじゃない。

 

思ったことを思った時に体を使って表現するのですね。

 

外国人の主張の仕方は日本人とは違うな〜と、僕は早くもカルチャーショックを感じました。

 

隣のご婦人はOH MY GODとお手上げのポーズを取り始め、"Necesito a llamar a mi sobrina(姪に電話しなくっちゃ)"と焦っていました。

 

さっきまで静かだった機内は一転して騒然としていて、「海外に行くには、こんなお祭り騒ぎを経験するのが普通なのか?」と思う僕。

 

後で様々な人に聞いたところ、これは普通ではなかったことがわかりましたけど…。(どんなにのんきなんだ、僕は)

 

理由はともあれ、僕は12時間かけてトロントからトロントへ戻っているという状況になっていました。

 

スターウォーズの"I have a bad feeling about this"って言葉が僕の頭をよぎったよね。

 

3:思いがけずトロントのホテルで待機。そこでラッキーが。

 

外国人はジョークが好きだから、これもエアラインの華麗なジョークだろと僕は思っていたのですが、飛行機から降りて僕が目にしたのは、5時間もひとりで待ちぼうけした懐かしいトロント空港でした。

 

あ、これは、マジなやつだ。

 

ここに来て初めて僕は状況を把握し、どうしたらいいのかをクルーに質問し、指示を仰ぎました。

乗客全員は一度空港の外に出て、マイクロバスに乗って近くのホテルに向かいました。

僕は広い部屋を割り当てられ、歯磨きをして口をスッキリさせた後、疲れのあまりベッドで爆睡。

 

日本を出て30時間近く経っており、心身の疲労がピークに達していました。

 

どれくらい寝たかわかりませんが、ハッと目覚めると、電話のベルが鳴っていることに気がつきました。

 

初海外で、しかも思いもよらない場所で鳴っている電話をドキドキしながら取ると、荷物をまとめてフロントへ来てそこで待って欲しいと言われ、急いでフロントへ向かいました。

 が、ここで重大なことに気がつき、僕は焦りました。

 

アルゼンチンのホテルに到着遅れを知らせなきゃ!!

 

本来であればアルゼンチンにいるはずの時間に僕はまだトロントにいる。

 

アルゼンチンへの到着は翌日になるという旨をホテルに伝えないと、部屋のブッキングをキャンセルされてしまうおそれがあったのです。

 

現地に着いても宿なしなんて最悪じゃない?

 

今から20年近くも前の話だからね、フリーWi-Fiなんてない(たぶんね)し、スマホiPhoneの第一世代が出るか出ないかの時期。

 

多くの人はガラケーを使っていたんだよ。

 

海外用の携帯は高いし契約しておらず、ホテルにメールも送れません。

 

今だったらホテルのWi-Fiを使ってメールで連絡できるんだけど。

 

どうしよう(汗)

 

その時の僕に残された唯一の手は、ホテルのフロントに事情を説明して電話を借り、国際電話をすることででした。

 

とはいえこの状況をスペイン語でちゃんと伝えられるか。

 

アルゼンチンではあまり英語は通じません。

 

そもそも国際電話ってどうかけるの?ホテルの電話番号何番だっけ?めちゃめちゃ焦りました!

 

その時です。

 

「どうされましたか?」

 

と日本語で話しかけられたのです。

 

話しかけてくれたのは日本人のカップルでした。

 

なんと同じ飛行機に日本人がおり、しかも行き先は同じくアルゼンチン。

 

天の救いだと感じた僕は彼らに状況を伝えたところ、一緒にフロントへ向かって「電話を貸して欲しい」と言ってくれました。

 

そしてさらにラッキーが。

 

なんとホテルのフロントの女性がアルゼンチン人だったため、「私が伝えてあげるわ!」と言ってくれたのです。

 

そしたら電話でけっこうもめている感じが。

 

女性が上半身を揺らしながら電話で、「No entiende. (あなたは私の言うことをわかっていないわ!)」と大きな声を出していました。

けっこう激しい言い合いに僕の目には映ったけど、なんとか伝達は完了。

 

こうして僕は、ホテルの部屋を確保でき、安心してアルゼンチンへ向かうことができました。

 

空港へ戻るバス待ちの間、ホテルの食堂で注文したフィッシュアンドチップスのデカさにびっくりしたことは覚えていますが、空港に着いた後、サンチアゴに向かったまでの記憶がありません。

 

もう疲れすぎた。

 

そして、自分は運がいい。

 

 後にブエノスアイレスのホテルでそのカップルとお茶をしたのですが、彼らはこんなことを言ってました。

 

「私たちは100回以上海外に行ってますが、こんなことは初めてですね。薗部さんは初めての海外で経験できてラッキーですね!」

 

ラッキーなのかアンラッキーなのかわからないけど、自分の運の良さと人の優しさを痛感できましたね。

 

12時間かけてトロントからトロントへ戻ったため、待ち時間を含めると50時間近くかけてアルゼンチンのブエノスアイレスエセイサ国際空港)に到着しました。

 

初めてアルゼンチンの空気を吸った時は感動したなあ!

 

番外編:コーラを注文したら、女性店員に笑われた話

 

ホテルの部屋に着き、荷物を降ろしたときには完全にお腹が空いていて、近くのマクドナルドに向かいました。日本の真裏の国にまで来てマックかよ、と思いましたが、疲れ切っていたし、遠出もしたくない、人とも話したくなかったのです。

 

ブエノスアイレスは京都のように街並みが碁盤の目で、ひとつひとつの通りに名前が付いているので迷子になりません。僕はパラグアイ通り(calle Paraguay)という通りの近くで過ごしました。

 

f:id:efufunet:20210309021517j:plain

 

ホテル近くにあるマクドナルドでハンバーガーとコーラを注文したのですが、ここでヘマをやらかしました。

 

僕は "Cola, por favor(コーラをください)"と言ったところ、女性の店員さんは笑って僕にこう言ったんです。

 

"¿Quéres ver mi cola?(私のお尻が見たいの?)"

 

周りのお客さんもニヤニヤ笑っています。

 

スペイン語は本国スペインのほか、中南米ではブラジルを除く国で話されており、方言が多いのです。

 

アルゼンチンでcolaは、お尻という意味なんですね。

 

僕は、

 

"Coca, por favor."

 

と言うべきだったんだ。

 

出発前に先生から注意を受けたのですが、やってしまいました(^^;

 

アルゼンチンに行かれる方は、気をつけてください!

 

アルゼンチンでは、信号を待ちながら踊っている人がいたり、若い人からお年寄りまでカップルは手をつないだりキスをしたりと、情熱的でした。

感情を素直に表現出来る環境は、僕にとっては居心地が良かったです。

 

男性にキスをされたり、街中でジプシーに追いかけられたこともあるのですが、街中での話はまたおいおい。

 

注:文中に登場するquéresは、不規則動詞「querer 」2人称単数現在のアルゼンチンでの独特の活用です。

 

以上、3月9日のお話でした。

 

お読みくださり、ありがとうございました。

 

薗部雄一

charoma0701@gmail.com

 

noteで子育てや夫婦観、家族について思うことを書いています。

 

note.mu

 

記事のアイキャッチに使える写真を販売しているよ♪ 

 

snapmart.jp

 

インスタグラムはこちら→

 

読者登録はこちらからお願いします^ ^