いい夫婦net.〜夫から妻へ送る愛と日常の一コマ〜

新丸子の喫茶店で知り合って交際4カ月で結婚した夫婦のこれからの記録

嬉しかった褒め言葉「取材・執筆が丁寧でイチオシのライターさんです」

このブログでは、妻との日常と妻への愛情を綴っています。

僕らは川崎市にある「新丸子」という街にある喫茶店「SHIBACOFFEE」さんで出会い、様々な偶然が重なって付き合ってから4ヶ月で結婚しました。

2017年6月3日朝、元気な男の子が誕生しました。誕生の瞬間には涙が流れ、命懸けで出産に臨んだ妻に感謝の気持ちでいっぱいになりました。妻子への愛情をあらためて感じます。

「妻との出会いを読んでみたい!」という方は、こちらをお読みください。

妻との出会い(1)~近所の喫茶店の常連客同士だった~ - いい夫婦net.~夫から妻へ送る愛と日常の一コマ~

 

f:id:efufunet:20171008170816j:plain

 

僕はライターとして、柔軟な働き方(女性活躍、在宅勤務など)をする企業紹介を中心に記事を書いています。自分からガツガツと営業をかけるよりは、このブログに載せた実績を見てご連絡をいただいたり、知人から紹介を受けたりすることが多いです。先日もお世話になっている方からお仕事のご紹介を受けたのですが、紹介先に僕のことを、

「取材・執筆がとても丁寧で、イチオシのライターさんです」

と書いてありました。

 

このメールを読んだ時は夜で、日中は取材に出かけた後で少し体が疲れていたのですが、文を読んだ瞬間に疲労が吹き飛びましたよ。嬉しすぎて「ライターをやっていてよかった!」と思いました。

 

ライターって、結構孤独な面もあります。こう感じるのは僕だけかな?今は複数のお取引先がありますが、関係性を割り切って表現すると原稿だけの付き合いになってしまいがちです。

 

 実際は資料集めや記事執筆に必要なことの勉強をしますし、読者をイメージして「こう書いたらわかりやすいかな?」と記事構成を考えて書きます。中の人にならないと、そうしたことは見えません。

全て原稿勝負です。まあそれは仕方がないことですが、急ぎの時だけ電話がバンバン来たり、原稿がOKなのかの連絡もなく、いつのまにかアップされたりするケースがありましたが、そういう時は悲しくはなります。

それに、文章は誰でも書けます。ライターは誰でも名乗れる。メディアもたくさん、それに伴ってライターさんも多くいます。たとえPVを取る記事を出しても、これだけ記事が溢れる中ではすぐに埋もれてしまう。

 

そんな中で、「イチオシのライターさん」って評価してくれる人がいるのは、とても嬉しいし、やり甲斐を感じるものです。原稿を書くだけではない、メールのやり取りやレスの速さ、「書くこと」以外の「人間性」の部分を見てくれる人がいるのは、安心するんです。

原稿だけのやり取りは、やる気が続くものではない。それでもやるのがプロなのかもしれないけど、ひとりの人間だからね、感情があるんだよ。

これだけたくさんのライターさんがいる中で生き残るにはスキルを磨く必要があるのだけど、人間性を磨くのも大切だなと感じます。機械に仕事を依頼するのではなく、人間に依頼をするわけだから。

先日、社長さんお2人を同時に取材するという仕事があったのですが、「取材に来てくれたのが薗部さんでよかった」と言われたんだ。こういうのも嬉しい。原稿を書くことだけでなく、取材対象者にリラックスしてお話いただいたり、時には取材の場を盛り上げたりするのもライターの立派な仕事のひとつだと思っています。そのために依頼されたネタとは関係ない情報も普段からチェックしているわけです。

 

今はちょっと腰が痛いわけですが、僕の人間性を見てくれる人がいることを励みのひとつとして、執筆業に邁進しようと思う次第です。

  

薗部雄一

charoma0701@gmail.com

 

趣味で撮影した写真を販売しているよー!

 

snapmart.jp

 

ランキングに参加しています。

ポチッと押していただけると励みになります。

 

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村

 

レシピブログに参加しています。

インスタグラムはこちら。

www.instagram.com

 

 

読者登録はこちらからお願いします^ ^