パパライター、育児と仕事の両立に挑む

新丸子の喫茶店で知り合って交際4カ月で結婚した夫婦の記録

妻が笑顔でいる時間を増やすため、キッズラインのシッターさんを使うようになった

在宅パパライターのそのべゆういちです。このブログでは、妻との日常と妻への愛情を綴っています。

僕らは川崎市にある「新丸子」という街にある喫茶店SHIBACOFFEE」さんで出会い、様々な偶然が重なり、交際して4か月で結婚しました。

そして、2017年6月3日朝、元気な男の子が誕生しました。誕生の瞬間には涙が流れ、命懸けで出産に臨んだ妻に感謝の気持ちでいっぱいになりました。妻子への愛情をあらためて感じます。

「妻との出会いを読んでみたい!」という方は、こちらをお読みください。

妻との出会い(1)~近所の喫茶店の常連客同士だった~ - いい夫婦net.~夫から妻へ送る愛と日常の一コマ~

 

「子どもを育てるのは大変なこと」と覚悟して子どもをもうけても、実際に子育てをしてみると予想をはるかに上回るきつさが待っています。1歳の男の子を持つパパとして、いまそのことを痛感しています。


何しろ子どもは親の状況は関係なしに、様々なことを泣いて要求してきます。「お腹すいた」「オムツ汚れた」「眠い」「散歩に連れて行って」「一緒に遊んで!」「抱っこして」などです。親としても、体力が比較的ある日中なら対応できますが、仕事をして疲れている夜だと「ゴメン、勘弁して〜」って気持ちになります。

 

f:id:efufunet:20180924231535j:plain

それに、子どもは病気します。突然具合が悪くなる。そんな中、両親や家族だけで育てるのがきつい時もあります。
僕ら夫婦は「そうだ、外部のプロの手を借りよう!」と決め、ベビーシッターを使うようになりました。詳しくはこのnoteに書きました。

育児をしながら在宅で仕事ができたのは、シッターさんを使ったおかげ|そのべゆういち|note

僕らが選んだのは、1時間1000円から呼べるシッター「キッズライン 」です。実際にはオプションがついたり、シッターさんによって希望時給が違ったりしますが、スマホ用専用アプリ経由でも簡単にシッターさんを検索できる使い勝手の良さは魅力です。

kidsline.me


子育てを家族でやるのはきついので、行政にはファミリサポートサービス(市民同士が助け合う)や、一時保育サービスがあります。費用はシッターさんよりもだいぶ安く済むのですが、使いたいときに使えないという大きなデメリットがあります。ホント、予約が全く取れない。


奥さんが笑顔だと、家庭が楽しい


キッズラインを運営する経沢香保子社長が投稿したこのようなツイートを見つけました。

 

僕の答えはもちろん、「むしろ積極利用して笑顔でいて欲しい」です。今でこそシッターさん利用を受け入れていますが、実を言うと、一番初めに妻から「シッターさんを使いたい」とリクエストされたときは渋りました。理由は費用面です。


ある日の費用ですが、午後2時半〜午後5時と2時間半の依頼で、約3600円かかりました。息子が発熱した際は病児扱いとなり、お願いしたときの概算ですが、午前10時〜午後4時までの7時間で、約1万5000円を要しました。時給で言ったら、約1500円〜2000円ですが、それだけにきめ細かい保育と報告、息子の性格や体調に合わせた最高のシッティングを提供していただきました。


費用だけを見ると、「高い!」と思うかもしれません。しかし、実際には費用以上の効果を実感しました。「親が心身を休められる」、「子どもへの愛情をキープできる」、そして「家庭内で妻が笑顔でいる時間が増えたこと」です。


愛情を持続させるには、離れる時間が必要だと思うんです。無理してずっと子どもと一緒にいると、逆に嫌いになってしまうかもしれません。毎日を子どもの都合で過ごし、自分はトイレにも行けない、ご飯をゆっくり食べられないでは誰でも疲れてしまうと思うんです。親である前に、ひとりの人間ですから。


家事や育児は奥さんに偏りがちですが、それだと奥さんはずっとイライラしてしまいかねません。自由な時間は欲しい、ひとりになることも大切です。中には家事や育児が好きでたまらない人もいるかもしれませんが、すべてのお母さんがそうではないと思います。


これは完全に僕の考えですが、だんなさんは奥さんが笑顔でいる時間を増やすこと」をゴールにして、家庭を整えるのが大切だと思っています。夫にとっては奥さんが、子どもにとってはお母さんが笑顔で過ごしているのって、気持ちがいいものです。それに妻が楽しそうに生きている姿を見ると、嬉しいものなので。

妻は産後にメンタル不調を起こし、家族が苦しい時期がありました。その経験もふまえ、妻が楽になる育児を模索するのは大事だなと思うのです。

 

note.mu

 

そのべゆういち

charoma0701@gmail.com

 

noteで子育てで思うことを書いています。

note.mu

 

趣味で撮影した写真を販売しているよー!

 

snapmart.jp

 

ランキングに参加しています。

ポチッと押していただけると励みになります。

 

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村

 

レシピブログに参加しています。

インスタグラムはこちら。

www.instagram.com

 

 

読者登録はこちらからお願いします^ ^