いい夫婦net. with a baby〜夫から妻へ送る愛と日常の一コマ〜

新丸子の喫茶店で知り合って交際4カ月で結婚した夫婦の記録

夫婦以外の誰かに子供の世話をしてもらうことは必要 ひとり時間を過ごしてどれだけ気がはっていたかわかった

このブログでは、妻との日常と妻への愛情を綴っています。

僕らは川崎市にある「新丸子」という街にある喫茶店「SHIBACOFFEE」さんで出会い、様々な偶然が重なって付き合ってから4ヶ月で結婚しました。

2017年6月3日朝、元気な男の子が誕生しました。誕生の瞬間には涙が流れ、命懸けで出産に臨んだ妻に感謝の気持ちでいっぱいになりました。妻子への愛情をあらためて感じます。

「妻との出会いを読んでみたい!」という方は、こちらをお読みください。

妻との出会い(1)~近所の喫茶店の常連客同士だった~ - いい夫婦net.~夫から妻へ送る愛と日常の一コマ~

 

ブログを書くのはかなり久しぶりです。

気づけば息子が生まれてから半年が経ちました。「もうこんなに経ったのか」が率直な気持ちです。いろんなことがありすぎて、途中で記憶が飛んでいる部分もあります。

以前よりも感情表現が豊かになって、喜怒哀楽を出すようになりました。  少し前まで寝ていることが多くて、体が小さかったのに、ずいぶんと大きくなったのだなと感動します。

パパとママを認識できるようになって、抱き上げようとするとニコッとして可愛い。こうした経験ができるのは、子どもを持ったからだとしみじみします。

f:id:efufunet:20171210214025j:plain

 

しかし一方で、育児は疲れます。。。なにしろ24時間体制ですから。新生児だったころは夜中に3時間おきにミルクで起きていて、「もっと成長すれば楽になる」と思っていました。生後半年になった現在は夜は以前よりは通しで寝てくれるようになりましたが、その分昼間の活動量が増えたため、外に連れ出したり、遊んだりする必要が出てきました。当時とは別の大変さがあります。息子への愛しさと、育児の大変さの両方が複雑に入り混じった感じです。

 

先日、ベビーシッターをお願いして夫婦2人だけの時間を過ごしました。妻と外食するなんてかなり久しぶりのことでした。大戸屋で「たっぷり野菜とチキンの玉ねぎ鍋定食」と「チキンかあさん煮定食」を食べたのですが、アツアツの食事を落ち着いて食べられたことに感動したんです。

f:id:efufunet:20171210212758j:plain

 

食事中に息子にぐずられることはしょっちゅうで、妻と僕のどちらかが世話をして、どちらかが食べることが多いです。冷めるた料理を食べることがあります。

 

でもベビーシッターさんに世話してもらう時間を作れば、その時間は絶対にアツアツの状態で食べられます。途中でぐずられることもない。僕だけの時間を過ごせるんです。その瞬間、いかにいつも育児に気をはっていたかがわかりました。息子の体重は9キロくらいあるから、肉体的に疲れるのもありますが、それ以上に精神的な疲労が大きいなんだなと思っています。

ミルクだ、離乳食だ、睡眠だ、散歩だ、遊びだ、寝かしつけだと、いつもそんなことばかり考えて生活しているわけです。息子が泣けば、僕がそのとき何をしていようが問答無用で中断です。 息子は可愛いから、もっとお世話をしたいと思うけど、いつの間にか自分のニーズに応えることをおろそかにしていたと思います。

ベビーシッターとか、行政のファミサポとか、保育園とか、育児は夫婦だけでするのではなく、誰かの力を借りることの大切さを感じた出来事でした。

 

薗部雄一

charoma0701@gmail.com

 

趣味で撮影した写真を販売しているよー!

 

snapmart.jp

 

ランキングに参加しています。

ポチッと押していただけると励みになります。

 

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村

 

レシピブログに参加しています。

インスタグラムはこちら。

www.instagram.com

 

 

読者登録はこちらからお願いします^ ^