いい夫婦net.〜夫から妻へ送る愛と日常の一コマ〜

新丸子の喫茶店で知り合って交際4カ月で結婚した夫婦のこれからの記録

「保育園が足りないのは、政府の努力が足りないから」--保育園問題イベントレポートを書いた

このブログでは、妻との日常と妻への愛情を綴っています。

僕らは川崎市にある「新丸子」という街にある喫茶店「SHIBACOFFEE」さんで出会い、様々な偶然が重なって付き合ってから4ヶ月で結婚しました。

2017年6月3日朝、元気な男の子が誕生しました。誕生の瞬間には涙が流れ、命懸けで出産に臨んだ妻に感謝の気持ちでいっぱいになりました。妻子への愛情をあらためて感じます。

「妻との出会いを読んでみたい!」という方は、こちらをお読みください。

妻との出会い(1)~近所の喫茶店の常連客同士だった~ - いい夫婦net.~夫から妻へ送る愛と日常の一コマ~

 

10月4日に衆議院会館で行われ、僕も参加した「みんな♯保育園に入りたい」というイベントのレポートを書きました。

当初はメディア枠ではなく、ひとりの保護者として参加しました。しかし、保育園問題を多くの人に知ってもらいたいという思いから、記事として先日公開しました。

 

news.careerconnection.jp

 

集会を企画したのは、「希望するみんなが保育園に入れる社会を目指す会」。代表の天野妙さんは3児の母であり、9年前に保活に苦しんだ経験を持っておられます。

 

イベントには子ども連れの母親も多く、泣く赤ちゃんをあやしながら登壇者の話を聞く人もいた。その姿を見て、母親たちの「働きたい」という切実な思いを肌で感じました。この場が保育園問題解決を願う人の集まりであることを痛感しました。

 

集会では、国会議員に直接参加者の思いを届ける目的もありました。しかし折しも解散後の総選挙の時期と重なってしまい、来場した議員は福島みずほ社民党副党首のみ。冒頭の挨拶で、ジャーナリストの治部れんげさんはこう指摘します。

 

「政府は女性に働いてもらいたいと思っており、働く母親が増えるのはいいことなはずです。でも保育園が足りないのは政府の努力が足りないからだと思います」

 

イベントでは、保育園問題に取り組む世田谷区長の保坂展人氏、著書『保育園問題』(中公新書)を出版、元横浜副市長の前田正子氏らが登壇され、行政の立場から保育園問題について語られました。

 

f:id:efufunet:20171015142332j:plain

 

22日投開票の衆議院選挙の争点のひとつは、「幼児教育無償化など子育て支援と財源」です。集会に参加した方からは、「働くために保育園に子どもを預けたいので、働いていないから入園できない」と話す人もいました。

 

薗部雄一

charoma0701@gmail.com

  

ランキングに参加しています。

ポチッと押していただけると励みになります。

 

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村

 

レシピブログに参加しています。

インスタグラムはこちら。

www.instagram.com

 

 

読者登録はこちらからお願いします^ ^