いい夫婦net.〜夫から妻へ送る愛と日常の一コマ〜

新丸子の喫茶店で知り合って交際4カ月で結婚した夫婦のこれからの記録

子どもを持つことは、夫婦の絆の深さを試していると思う

このブログでは、妻との日常と妻への愛情を綴っています。

僕らは川崎市にある「新丸子」という街にある喫茶店「SHIBACOFFEE」さんで出会い、様々な偶然が重なって付き合ってから4ヶ月で結婚しました。

2017年6月3日朝、元気な男の子が誕生しました。誕生の瞬間には涙が流れ、命懸けで出産に臨んだ妻に感謝の気持ちでいっぱいになりました。妻子への愛情をあらためて感じます。

「妻との出会いを読んでみたい!」という方は、こちらをお読みください。

妻との出会い(1)~近所の喫茶店の常連客同士だった~ - いい夫婦net.~夫から妻へ送る愛と日常の一コマ~

 

息子が生後3か月を迎えました。最近は表情が豊かになって、ベビーベッドの柵から顔を覗き込むとニコッと笑顔を浮かべるようになりました。「ウーウー」「ワーワー」など喃語を発するようになり、可愛さが増しています。夫婦にとって初めての育児に戸惑いながらも、今は妻と息子が愛おしく、落ち着いた日々を送っています。

 

初めて経験する子育てに、僕らはお互いに余裕をなくしてしまい、ぶつかることもありました。そうした中で僕は「子どもを持つことは、夫婦の絆の深さを試しているのかもしれない」と感じています。


約10か月にわたる妊娠期間も含め、夫婦が子どもを持つということは、その関係に大きな影響を与えると思います。彼氏・彼女、夫・妻という状態から、父親・母親に変化するのだから、それは動揺もあります。

 

僕の興味関心にも変化が見られます。息子が生まれてからは、育児関係の記事やツイートに目が向くようになりました。記事を読むと、

「俺は仕事をして稼いでいるのに、嫁が『家事や育児を手伝え』と言ってくる」

「夫は『仕事が大変』と言うけど、私は家事と育児を休みなしでやっている」

といった夫婦間での愚痴が書き込まれていることが多々あり、見ると僕は悲しくなりました。人生のパートナーである夫婦が、まるで競争相手のようだからです。


子どもができると、恋愛関係や夫婦だけの生活の時とは、あらゆることが違ってくる。同じにはいかないです。

 

夫婦双方が自分の大変さを主張する気持ちはわかります。家庭を持ち、収入のプレッシャーを持つ夫も、妊娠・出産を経て心身ともに疲れた状態で家事と育児をする妻のどちらも大変なのは確かです。しかし、「自分の方が大変だ」とパートナーと主張合戦を繰り広げても、何にもならない。家に競争相手を作ったら、いつも戦う人生になってしまう。


子どもができ、余裕が持ちにくい時ほど、夫婦はお互いを受け入れて、力を合わせることが大切だと思っています。「お互いに大変だよね。どうやったら一緒に楽になれるだろう?」「夫(妻)のために、自分は何ができるだろう?」という気持ちを持ち、協力者となるように動く。別の言い方をすれば、子どもを持った後は、夫婦が協力し合える絶好のチャンスだと思うんだ。

 

 

薗部雄一

charoma0701@gmail.com

 

趣味で撮影した写真を販売しているよー!

 

snapmart.jp

 

ランキングに参加しています。

ポチッと押していただけると励みになります。

 

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村

 

レシピブログに参加しています。

インスタグラムはこちら。

www.instagram.com

 

 

読者登録はこちらからお願いします^ ^