いい夫婦net.〜夫から妻へ送る愛と日常の一コマ〜

新丸子の喫茶店で知り合って交際4カ月で結婚した夫婦のこれからの記録

夫婦って違うから面白いんだよね!愛妻家ブログを発見してあらためて思う

ブログをお読みくださりありがとうございます。

薗部雄一です。

このブログでは、妻との日常と妻への愛情を綴っています。

僕らは川崎市にある「新丸子」という街にある喫茶店「SIBACOFFEE」さんで出会い、様々な偶然が重なって付き合ってから4ヶ月で結婚しました。

「妻との出会いを読んでみたい!」という方は、こちらをお読みください。

妻との出会い(1)~近所の喫茶店の常連客同士だった~ - いい夫婦net.~夫から妻へ送る愛と日常の一コマ~

 

昨日は「いい夫婦の日」でした。

素敵な日なのに、家の鍵を誤ってすべて持ってきてしまい、妻が家から出られないという事態を招きました。都内の職場近くのカフェで仕事で書くネタ探しをしていたときに気がついて、顔面蒼白になりながら妻にLINEを送り、謝りました。

 

f:id:efufunet:20161123142659p:plain

 

妻よ、ごめん…

 

愛妻家のブログ、発見!

 

気を取り直して本日、行きつけの喫茶店でくつろいでいるときに、素敵な投稿を読んで楽しさを感じました。

 

www.kana-ri.com

 

面白い!

 

投稿者の坂津さんは、ブログタイトルにあるように「かなり」の愛妻家のようです。文章から、奥様への愛情をひしひしと感じます。

 

僕が感じたのは、坂津さんの奥様が僕の妻に似ているな、ということです。

 

奥様は、送られたプリザードフラワーの容器の色が気に入らず、ご自身の好きな色に塗り替えたというエピソードがすごい!

 

「私が許容しないものは私のテリトリーに存在させない」というのが妻の考え方であり生き方であり、キャラ設定でありステータスであり魅力なのです。

【みんなはどう?】夫婦の相違点【ウチはかなり違う】 - 『かなり』

 

とありますが、これはまさに妻の考え方!

 

投稿の論点は「夫婦の相違点」。僕ら夫婦の間にも相当な違いがあります。まず「性」が違うし、異なる環境で育ったわけですから違いがあって当たり前です。さらに一緒に暮らすと「違い」が思い切りぶつかるわけです。結婚生活は、お互いの違いを受け入れ、ぶつかりながらの生活だと思っています。

 

僕の妻は秩序を重視します。独身時代、僕はなんでもかんでも部屋に置いていました。まあ秩序はなかった。それでも、自分の好きなものしかなかったですが、ですが、妻は秩序がないことを許しません。変なものを置こうものなら、

 

「それ嫌だ」「何それ?」

 

と注意を受けてしまいます。

 

僕ら夫婦の違い「食後のティータイムが必ずある僕とそうでない妻」

 

話す言葉

僕:神奈川弁 妻:博多弁

 

味付け

僕:濃いめ 妻:薄め

 

料理が出る温度

僕:あまり気にしない 妻:アツアツ、パンならカリカ

 

睡眠時間

僕:短め 妻:長め

 

周囲の雑音がある時の集中力

僕:周りに関係なく発揮 妻:周りがうるさいとダメ

 

音に対して

僕:鈍感 妻:敏感

 

人が失敗したときの反応

僕:人は失敗するものだ 妻:なぜうまくいかないのだ?

 

人をからかうか?

僕:挨拶代わりにからかう 妻:からかわない

(妻に冗談は通じにくい)

 

「近い」の認識

僕:電車で30分 妻:徒歩5分以内

 

時間の感覚

僕:遅刻はしない 妻:遅刻してしまう

 

期日の感覚

僕:守れない 妻:前倒し

 

衛生観念

僕:低い(多少汚くても平気)妻:綺麗じゃないとダメ

 

カップの茶渋の扱い

僕:余程でなければ気にしない 妻:すぐにハイター

 

食後のティータイム

僕:必ずある 妻:飲みたいとき

 

切りたい人間関係があるとき

僕:目の前にいても無視できる(頭の中で相手の存在を消せる) 妻:物理的な距離が必要(グループを抜ける、何十キロも離れる)

 

スリッパ

僕:トイレ用、風呂用など専用を作る 妻:ひとつのスリッパで網羅

 

お願いや相談のタイミング

僕:相手に聞き入れやすいとき 妻:伝えたいとき

 

パジャマの洗濯頻度

僕:3日に1度で十分 妻:毎日

 

ほかにも色々あるわけですが、人って面白い。自分にとってはなんでもないことが、相手にとっては重大事だったりする。見ているところ、大切にすることが違うからだと思うのです。

 

坂津さんは、 ご夫婦の仲良しの秘訣をこう書かれています。

きっと私たち夫婦が上手くやれてるのは、「同調」だけじゃなくて、お互いが違いを認めて「協調」と「尊重」ができてるからだろうと思います。

【みんなはどう?】夫婦の相違点【ウチはかなり違う】 - 『かなり』

 

僕もその通りだと思いました! 同調、パートナーに合わせてばかりいると、いつか疲れてしまうんですね。だって、違うものは違うし、わからないものは、わからないのです。

それよりも、「相手は自分とは違う人間なのだ」と尊重し、最も近くにいる他人として、人生を「協調」することで夫婦関係はうまくいくのかなと思います。

 

夫婦は、違いがあるからこそ、一緒に生き延びていけるのではないかなあ。同じ考え方だったら、何か問題が起こった時にそのまま滅亡してしまうかもしれない。片方があたふたしても、もう片方が「何が問題なの?」という姿勢なら、生存できるし。

 

お読みくださり、ありがとうございました。

 

薗部雄一

charoma0701@gmail.com

 

ランキングに参加しています。

ポチッと押していただけると励みになります。

 

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛観・結婚観へ
にほんブログ村

 


恋愛・結婚 ブログランキングへ

  

レシピブログに参加しています。

インスタグラムはこちら。

www.instagram.com

 

www.instagram.com

 

 

読者登録はこちらからお願いします^ ^