読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いい夫婦net.〜夫から妻へ送る愛と日常の一コマ〜

No Wife No Life 妻への愛情とのろけを真剣に書きまくるブログです

旬をいただき!さんまときのこのアヒージョ

ブログをお読みくださりありがとうございます。

薗部雄一です。

 

このブログでは、妻との日常と妻への愛情を綴っています。

僕らは川崎市にある「新丸子」という街にある喫茶店「SIBACOFFEE」さんで出会い、様々な偶然が重なって付き合ってから4ヶ月で結婚しました。

「妻との出会いを読んでみたい!」という方は、こちらをお読みください。

妻との出会い(1)~近所の喫茶店の常連客同士だった~ - いい夫婦net.~夫から妻へ送る愛と日常の一コマ~

 

今日9月25日は、「主婦休みの日」だそうだ。「休日のない家事を休もう」ということで、サンケイリビング新聞社が2009年にスタートさせた。主婦休みの日は、1月25日、5月25日、9月25日の年に3日ある。今日は一切の家事を僕がやろう。このブログを書いたら、食器を拭いて掃除機をかけるのだ。

 

昨日、写真を整理していたら、さんまときのこのアヒージョの写真が出てきた。

 

f:id:efufunet:20160925082304j:plain

 

2014年9月16日撮影である。おそらく当時は、塩焼きに偏りガチなさんまの食べ方に飽きて、いろいろ試していたのだと思う。

さんまの開きを買ってきて、骨を取り、身を適当な大きさに切ってアヒージョにしてみた。アヒージョが好きなのは、オリーブオイルとニンニクが好きだからという単純な理由だ。10代後半、スペイン語圏の人々と多く接するようになり、オリーブオイル(aceite de oliva)、ニンニク(ajo)への接触量が大きく増えた。アヒージョ(ajillo)という言葉も、「ニンニク風味の」というスペイン語である。

 

材料(2人分)

 

さんま(開き) 1尾
しめじ 1/6株
ホワイトマッシュルーム 2個
ニンニク 1片
鷹の爪 1本
オリーブオイル さんまが浸る量
塩 適量
ローズマリー 1枝

 

作り方

 

1.さんまの開きの頭と尾を切り落とし、中骨を手で外したら(意外と簡単に取れます)、塩をふって10分ほどおく。水分をキッチンペーパーで拭き取り、4cm間隔に切る。

 

2.ニンニクは薄切り、しめじは小房にわけ、ホワイトマッシュルームは石づきを切り落とし、4枚に薄切りする。鷹の爪は種を取り除いておく。


3.フライパンにさんまの切り身、ニンニク、ローズマリー、鷹の爪を入れたら、オリーブオイルを切り身が浸るくらい入れ、塩で味を調えて弱火にかける。


4.5分ほど煮て、さんまに火が通り始めたらきのこ類を入れてさらに5分弱火で煮る。

 

 

旬をいただき!さんまときのこのアヒージョ

旬をいただき!さんまときのこのアヒージョ

YUICHIさん

旬のさんまときのこをアヒージョにしていただきます。塩焼きに偏りがちなさんまをきのこと合わせてアヒージョにしてみました。
レシピブログ

 

 

 

 薗部雄一

charoma0701@gmail.com

 

ランキングに参加しています。

ポチッと押していただけると励みになります。

 

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛観・結婚観へ
にほんブログ村

 


恋愛・結婚 ブログランキングへ

  

レシピブログに参加しています。

www.instagram.com

 

www.instagram.com

 

 

読者登録はこちらからお願いします^ ^