読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いい夫婦net.〜夫から妻へ送る愛と日常の一コマ〜

No Wife No Life 妻への愛情とのろけを真剣に書きまくるブログです

家庭と仕事と私と 自分を満たさないとバテる

夫婦仲 夫として

ブログをお読みくださりありがとうございます。

薗部雄一です。

 

このブログでは、妻との日常と妻への愛情を綴っています。

僕らは川崎市にある「新丸子」という街にある喫茶店「SIBACOFFEE」さんで出会い、様々な偶然が重なって付き合ってから4ヶ月で結婚しました。

「妻との出会いを読んでみたい!」という方は、こちらをお読みください。

妻との出会い(1)~近所の喫茶店の常連客同士だった~ - いい夫婦net.~夫から妻へ送る愛と日常の一コマ~

 

ダウン

 

この数日間、体と心のバランスを崩し、家で休んでいました。引き金は22日(月)に関東を直撃した台風9号です。台風が来て、低気圧の影響を受けたことで心がナーバスになってしまいました。心に留めていた気持ちや、体に溜まっていた疲れが一気に噴き出してしましました。

  

f:id:efufunet:20160824221937p:plain

(22日、台風上陸時のアメッシュ

 

台風による低気圧や片道1時間40分の通勤による疲れは原因のひとつだと思う。でも根本的な要因は、僕が僕自身を大切にしなかったことです。この2日間、自分を見つめて、「何が生き心地を悪くしているのか」を紙に書き出していった結果、そう感じました。

 

家庭(妻や両親など)や仕事で役に立とう、何かの価値を提供しようとしてきたけど、家庭や仕事で役に立とうとすればするほど、自分が我慢をする展開になっていた。

 

仕事で言えば、スマートニュースなどに載って拡散されるようなネタを探そうとするし、PV意識で書くこともある。いつもスマホMacに張り付いてネットニュースを見ていました。でもそうすると、自分の時間を「我慢」することになる。

 

でもホントは、カフェで1時間コーヒーや女性誌(主にDomani)のキレイな洋服や料理の写真を見る時間の余裕が欲しい。ホントは、妻とベッドの上で寝転がってのんびりしたい、と思っているのに。ボケーとする時間が多ければ多いほど、僕は体も心も安定するんだよね。動物占いでは、コアラだし。

 

 

家庭では、妻を支えよう、いい夫でいようと思い、食事では妻に多くよそったり、家事を引き受けたり、妻の要望を応えようとした。すでに両親にはかなりの心配をかけているから、これ以上面倒をかけたくない。そうして我慢をすることになった。

 

でもホントは、疲れているからすぐ寝たいと思っていたときもあったし、家事をほったらかして読書をしたいと思っていたときもありました。

 

 

「好き」という気持ちがあることで、役に立とうとしてしまう。
すると、自分が我慢することになっていき、いつの間にか自分が満たされていないのに、人を満たそうとしてしまう。

 

大好きな料理をやる気力すら失せた。ホントはごはんに味噌汁、焼き魚が食べたいが、寝る時間を持ちたいから我慢することになる。そのうち、料理そのものが嫌になってしまうんだよね。休めて気力も体力も戻していくうちに、料理の欲が出てきて、真鯛の煮付けを作ったよ。

 

 

そりゃあ、うまいもんだったよ。

僕は、家庭と仕事と自分の満足度のバランスを失ったんだよね。とにかく、疲れてたから。

 

でも、自分が満たされていないと、人を満たすことはできないって思った。
違和感や疲れは7月ころから自覚していたけど、そのまま捨て置いていた。向き合う時間もエネルギーが惜しかった。自分と向き合うのは、結構疲れるからね。

放置していたけど、台風9号の低気圧により疲れが一気に出て、体と心の両方がダウンしてしまった。

 

2日間からだと心を休ませ、のんびりと過ごしたことで、今はだいぶ回復した!

自分を置き去りにして、誰かに何かに尽くそうとするのは、ダメだ。

たとえ頑張っても、自分が満たされず、その結果としてバテてしまっては、何のための頑張りだろうか。

たぶん、「自分は満たされる価値がある」と思えないと、「周りの人を満たす」ことなどできないと思う。

自分が満腹でないと、隣で飢えている人に食事を分けることなどできないし、自分に潤沢なお金がないと、誰かに寄付しようなど思いもよらないことだと思う。

 

 

薗部雄一

charoma0701@gmail.com

 

ランキングに参加しています。

ポチッと押していただけると励みになります。

 

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛観・結婚観へ
にほんブログ村

 


恋愛・結婚 ブログランキングへ

  

レシピブログに参加しています。

インスタグラムはこちら。

www.instagram.com

 

 

読者登録はこちらからお願いします^ ^