読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いい夫婦net.〜夫から妻へ送る愛と日常の一コマ〜

No Wife No Life 妻への愛情とのろけを真剣に書きまくるブログです

結婚生活は結婚性活 セックスを夫婦間でオープンに話す「違うからこそ、ひとつになれる」

このブログでは、妻との日常と妻への愛情を綴っています。

僕らは川崎市にある「新丸子」という街にある喫茶店「SHIBACOFFEE」さんで出会い、様々な偶然が重なって付き合ってから4ヶ月で結婚しました。

現在妻は妊娠8ヶ月。僕はプレパパとなり、妻と子供への愛しさをあらためてかみしめています。

「妻との出会いを読んでみたい!」という方は、こちらをお読みください。

妻との出会い(1)~近所の喫茶店の常連客同士だった~ - いい夫婦net.~夫から妻へ送る愛と日常の一コマ~

 

僕は妻と付き合って1年、結婚して8か月が経って、夫婦でオープンに話した方がいいと感じること3つを感じています。

セックス、お金、宗教です。

一般的にタブー視される話題ですが、夫婦の間では極めて重要なトピックだと感じています。僕ら夫婦の間に不穏な空気が流れるのは、この3つの話題を避けたときが多いです。

このブログで、タブー視されがちなセックスについて僕の考えを書いてみます。

結婚生活は結婚性活だと思う

結婚するということは、結婚相手と継続的にセックスをすることだと言っても過言ではないと思います。結婚生活とは結婚性活と言えると思う。

セックス欲、すなわち性欲は睡眠欲、食欲と並んで人間の3大欲求にも関わらず、その話題に触れることはタブー視される傾向があります。学校では性教育の授業があったけど、男女の体の違いについて少し触れただけで、セックスについて詳しく教わることはなかった記憶があります。

アダルト産業の影響なのか、「セックスはいやらしいもの」「汚らわしいもの」というイメージが強い感じがします。実は僕も独身時代はセックスについての話題は避けていました。汚いもの、オープンに話すべきものではない、と思っていたからです。

セックスを汚いものと捉えていると、自分が男性であるとか女性であるという「性」について否定的になってしまう気がします。僕は自分の男性性にどこか否定的でした。自分の性も、僕にとって異性である女性の性も受け入れられなくなるんですね。

でも妻と出会って、妻を愛していくうちに、自分の男性性を受け入れられるようになってきました。妻と初めて肌を重ねてひとつになったときから、僕にとってセックスは汚いものでもいやらしいものでもなく、美しいものに変わっていった。

妻とは何を食べるか、どこにデートに行きたいかと同じように、セックスについて話せるようになりました。性に対してしっかりと向き合い、夫婦で思いをシェアすることで夫婦の信頼が深まり、絆が強くなっていくことを感じました。今でも僕らにとってセックスは大切だし、妻と肌を合わせ、男女を感じることは欠かせないものです。

本音を言い合える関係が絆を深める

セックスについて夫婦でオープンに話すと絆が深まるのは、本音を伝え合える関係になるからではないかと思います。本音はときに最も伝えにくいことの場合があります。

本当はもっと頻度を上げたいとか、もっとこうして欲しいと思っているのに、恥ずかしさや変に思われたくないといった気持ちに負けて抑え続けると、いつか精神的なバランスが崩れてくる。

セックスだけでなく、こうした時間を過ごしたいとか、これが欲しいという欲をオブラートに包むことなくパートナーに伝えることができる関係は大切だと思います。回りくどい言い方では伝わらないこともある。特に男性は女性に比べると察する力が弱いから、具体的に伝えないとまず伝わらないよ。

セックスやお金、宗教(信条、拠りどころ)って、一般的には「闇」に捉えられていると思う。本音はその「闇」の中にあることもあるよね。

「もっと愛して欲しい」

「もっとお金を欲しい」

「私のこういう考えを受け入れて欲しい」

とか。世間から見たら合格点かどうかではなく、たとえ「闇」に分類される欲でも、パートナーに対してストレートに伝えられる関係は大切だと感じます。

男女は永遠に違う存在。違うからこそ、ひとつになれる

男女の間には、体のつくり、考え方、感じ方など、たくさんの違いがあります。男女は永遠に違う存在なんですね。僕はどんなに妻を理解してようとしても、すべてを理解することはできない。むしろ、違っていていい。違うからこそ、一緒にいる意味がある、そう僕は思います。

セックスを通じて、男女の違いを感じ、また違いを埋め合わせることができることを体感できると感じています。違う体の作りをしているから、ひとつになれる。僕は妻とひとつになる度にそう感じます。

社会では、同じであることを求められます。学校に行き始めたときから、テストでは同じ答えを求められ、社会に出てもルールから逸脱する、周りと違う存在は異常値扱いとなり、同じになるように直されます。そうされるうちに、「違うことは悪いこと」だと思い込むようになるんだけど、セックスをすることで「違うからこそいい」「違うからこそひとつになれる」ということを体感できる。僕らには子どもはいないけど、男女は違うからこそ子どもという新しい存在を生み出すことができる。

「違っていていいんだ」

と感じることは大きな安心だし、自分に自信が持てるようになる。セックスについて、ストレートに書いてみました。 

まとめ

・セックスについて向き合うことは、夫婦の絆を深めるうえで重要

・男女は違うからこそ、いい。違うからこそ、ひとつになれる

・闇を受け入れること

薗部雄一

charoma0701@gmail.com

 

スナップマートで写真を販売しております。

snapmart.jp

 

ランキングに参加しています。

ポチッと押していただけると励みになります。

 

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛観・結婚観へ
にほんブログ村

  

にほんブログ村 マタニティーブログ プレパパへ
にほんブログ村

 

レシピブログに参加しています。

インスタグラムはこちら。

www.instagram.com

  

読者登録はこちらからお願いします^ ^