いい夫婦net.〜夫から妻へ送る愛と日常の一コマ〜

No Wife No Life 妻への愛情とのろけを真剣に書きまくるブログです

ダメな自分を認めるのが嫌なのであり、ダメな自分そのものが嫌なのではない

ブログをお読みくださりありがとうございます。

薗部雄一です。

このブログは、

 「経済的に豊かになる。夫婦一緒にいながら仕事をして生きる」

を目標に生きる僕が、妻との出会いから結婚への過程と豊かになっていくプロセスを綴っているものです。

僕らは川崎市にある「新丸子」という街にある喫茶店「SIBACOFFEE」さんで出会い、様々な偶然が重なって付き合ってから4ヶ月で結婚しました。夫婦の強い愛情と目標で、ここから2人で豊かになっていく様子を書いています。

「妻との出会いを読んでみたい!」という方は、こちらをお読みください。

妻との出会い(1)~近所の喫茶店の常連客同士だった~ - いい夫婦net.~夫から妻へ送る愛と日常の一コマ~

 

 

どうもお腹の調子が悪く、トイレに頻繁に行っていましたが、トイレットペーパーで強くお尻を拭きすぎたため出血し、いまはお尻の調子が悪い。。

お尻に火がついたとは、よく言ったものですね。

僕の現状をお尻が上手に映し出しています。

 

今朝は両親から「話し合いの場を持ちたい」との呼び出しメールと電話が届き、洗濯を済ませて実家へ向かいました。

 

内容は、現状の生活について。

先日話した内容の再確認と、現在入院中の祖母のことなど、濃密な話し合いは2時間に及日ました。

ここで感じたのが、自分にとって恥ずかしいと思うことや自分の責任だと思い、それを伝えることは、僕が最初思っていたほど嫌ではないということです。

 

特に父は僕の態度にびっくりしており、「恥じることはない。お前の決断は正しいと思う」と言っている。僕にとっては意外でした。

 

どんなにかっこつけようとしても、ミットもない自分は周りに映る。

かっこつけようと、かっこつけまいと、いまの自分がかっこ悪ければかっこ悪いんだ。

無駄なことをせず、ただただかっこ悪いところを出す。

ただそれだけのことだと感じています。

 

何が嫌だって、ダメな自分を認めるのが嫌なのであり、ダメな自分そのものが嫌なのではないことです。

認めるまでは最高にざわざわするけど、案ずるより産むが易し。

やってみると、そこまで辛いことではなかったです。

 

このブログでは僕のダメっぷりを書いているけど、書いている本人は意外と爽快な気持ちで書いています。

 

最高にかっこ悪いことは、ダメを認めるのを嫌がり、自分と向き合い、改善をしないことかもしれない。

 

お読みくださりありがとうございました。

 

 

薗部雄一

charoma0701@gmail.com

 

ランキングに参加しています。

ポチッと押していただけると励みになります。

 

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛観・結婚観へ
にほんブログ村

 


恋愛・結婚 ブログランキングへ

  

レシピブログに参加しています。

インスタグラムはこちら。

www.instagram.com

 

www.instagram.com

 

 

読者登録はこちらからお願いします^ ^